エル・ゴラッソBACK NUMBER

J2時代知るMF中村憲剛、改修前最終戦で必勝誓う 

text by

PROFILE

posted2012/11/23 19:59

J1:川崎F◆練習トピック◆23日◆麻生グラウンド

 川崎FのMF中村憲剛(32歳)とDF伊藤宏樹(34歳)は、24日の今季J1のホーム最終戦・清水戦に向けて必勝を誓った。この試合が等々力競技場改修前最後のゲームとなる。12月にはメインスタンドの取り壊しが始まり、来年3月中のホームゲームは国立競技場で行い、4月からは仮設スタンドを設置しての試合開催となることが決まっている。

「寂しさは強いですよ。俺と宏樹さんはあそこが全てでしたから」と中村が言葉を切り出せば、「複雑な気持ちもあるが、老朽化などの問題もあるので仕方がない。どうあれ勝ちたいですね」と伊藤も勝利を誓った。

 彼ら2人は、黒津勝(30歳)とともにJ2時代の等々力を知る数少ない存在であり、等々力への思いは強い。

 なお24日は、新メインスタンドのイメージ図が多数展示されるほか、大型ビジョンを使用して新スタジアムのイメージ映像もお披露目予定だ。

 中位同士の一戦だが、川崎Fが勝てば順位は入れ替わる。ホーム最終戦の等々力ラストゲームで最高の勝利を届ける事ができるか。(川崎F担当記者・いしかわ ごう)

ページトップ