うまスクエアBACK NUMBER

時代は変わり…/マイルCS 

text by

PROFILE

photograph by

posted2012/11/17 15:00

時代は変わり…/マイルCS<Number Web>

京都11R マイルCS 芝1600m外

◎15.アイムユアーズ

以前はサンデー産駒を買っていれば簡単にとれたレースですが、近年はスッカリその様相を変えてしまっています。

思えば、春の安田記念もスッカリ傾向が変わってしまっています。
以前はNダンサー×レイズアネイティヴ系という黄金配合があった安田記念も、ここ数年で「ロベルト系」に主力が移動しています。このことは安田記念当時の回顧コラムでも指摘しましたが、サンデーサイレンスが姿を消したことに加え、馬場の高速化がドンドン進んでいる現状がもたらしたと思われる変化。根幹距離であるマイル戦に一番顕著に反映されたのでしょう。もちろん、長きに渡って主役クラスが不在であるという事情も背景にはあるでしょうが。

このマイルCSに関していえば、最新の傾向は「ダート血統重視」。もうこれです。

11年1着エイシンアポロン(父ジャイアンツコーズウェイ)
10年1着エーシンフォワード(父フォレストワイルドキャット)
10年2着ダノンヨーヨー(母父フォーティナイナー)
09年2着マイネルファルケ(母父パークリージェント)
09年3着サプレザ(父サーム:ミスプロ系)
08年1着ブルーメンブラット(母父トップサイダー)
08年2着スーパーホーネット(母父エルセニョール)
07年2着スーパーホーネット(母父エルセニョール)

昨年はこの傾向に則って、ビシッとエイシンアポロンに本命を打ちました。「マイルCSはダート血統が強い」。これは最新の血統傾向として絶対に押さえておくべきポイントなのです。

そして、ダート血統が強いということはどういうことか?今年はそこまで踏み込みましょう。
簡単に言ってしまえば、「持続力の要求値が高まっている」わけです。前向きな気性と持続力がダート競馬における最重要事項。そんなダート血統が好走しやすくなっているということは、すなわち、マイルCSにおいて前向きな気性と持続力が必要になっているということになります。
ということは、同じ要素を持っている「芝1400m適性」も、このマイルCSにおいて重要になる可能性は高いと言えます。何度か書いているとおり、芝1400mは持続力の要求値が高く、ダート血統の重要性が高い条件ですから。

今年のメンバーを見渡した場合、確かにダート血統保持馬もいるのですが、持続力の要求値が高まったという本質論からすれば、絶対に買っておきたい馬は15.アイムユアーズ。
父ファルブラヴの産駒は、エーシンヴァーゴウ、スマートシルエットやトランスワープといったように、途中からラップが速くなり、そのままゴールに雪崩れ込むような競馬に滅法強いという特徴がありますが、この特徴こそ、ダート血統の前向きさと持続力とイコールになる要素。同産駒は芝1400において馬券になりますが、これも、そんなファルブラヴの特徴が一番発揮しやすい条件が芝1400mだから。すなわち、ダート的な持続力を要求される条件、芝1400mに近い適性が要求されるマイル戦でこそ、ファルブラヴは光り輝くわけです。

そんなファルブラヴ産駒であれば、最新のマイルCSに対応できる可能性は十分。この馬自身、クラシックに固執して不向きな距離ばかり使ってきた末に戻ってきたマイル戦。やはりパフォーマンスを大きく上げるチャンスです。ジェンティルドンナやヴィルシーナとソコソコの競馬をしていたことを考えれば、ここに入ってもギリギリ通用する能力アリと判断可能。適性の分を加えれば、逆転できるはずです。

※マイルCSの勝負馬券は11月17日(土)20時にうまスクエアサイト『穴馬券ネオメソッド』で公開致します。

【by境和樹】
========================================
血統スナイパー・境和樹とは?
競馬予想に新風を巻き起こせ!常識的な予想、常識的な分析はどこでも読めるこの時代。必要なのは「別角度からのアプローチ」。物事を多角的に見ることで初めて見えてくる結論がある。ココでしか読めない、ココだから分かる、全く新しい切り口を知ることで。アナタの競馬観はワンランク上に引き上げられる!
========================================
↓マイルCSの『単複1点・軍資金作り馬券』も無料で見れるうまスクエアはこちら↓

ページトップ