阪神の大型補強計画。もっとも必要なのはどの選手?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 今季5位という結果に終わった阪神タイガースは来季のV奪回を期し、チーム初のGMに就任した中村勝広氏のもと、大型補強プランを次々に打ち出しています。

 現在、獲得候補として名前が報じられているのは五十嵐亮太、中島裕之、西岡剛、日高剛、福留孝介選手ら、日本人メジャーリーガーを中心とした5選手。
  これまで、大物選手を獲得しながら、結果につながらなかったケースも目立った同球団ですが、今度こそ猛虎復活への一歩となるのでしょうか。

 そこで伺います。
  現在、名前の挙がっている選手のなかで、猛虎復活に向け、もっとも必要なのはどの選手だと思いますか?

●五十嵐亮太  ●中島裕之  ●西岡剛  ●日高剛  ●福留孝介  
●5人とも獲得しなくてよい

1-10件を表示 / 全10

すべて| 五十嵐亮太| 中島裕之| 西岡剛| 日高剛| 福留孝介| 5人とも獲得しなくてよい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 海外FA確定の藤川の穴を埋めて欲しい。鳥谷はメジャーFAをチラつかせて金額アップを勝ち取ってからの残留でしょうし、金本の穴は伊藤隼太。

    moccos25さん2012/11/09 17:09に投稿

    3
    そう思う!
  • 育成して育つなら苦労しないでしょ。
    優秀な家庭教師を付けて東大に行けるなら、こんな楽なことは無い。
    ドラフトで失敗してるんですよ。
    生え抜きの若手を!なんて時代錯誤ですよ。
    来シーズンをどうするか考えれば、取り敢えず即戦力を求めるしか無いでしょ?

    かずちさん2012/11/14 02:11に投稿

    2
    そう思う!
  • やはり、長丁場のペナントレースを勝ち抜く為には、まず投手力。特に、勝ちパターン時のセットアッパー、クローザーの重要性は言わずもがな。
    藤川が移籍濃厚となれば、やはり後ろを託せる(特に三振をとれる)ピッチャーは補強しておくに越したことはないと思いますので、五十嵐選手をチョイス。
    とはいえ、あまりに高い年棒を要求されるようなら、スルーするのが正解な気がします。

    i formationさん2012/11/10 03:50に投稿

    2
    そう思う!
  • 藤川のメジャー挑戦が確実になった。藤川の代わりを一人で埋めようとしても埋められない。数年かけて育てるのが理想。その為にも、抑えとしての負担を減らすための投手が一人でも多く必要。現状の戦力を見ると、福原・新外国人が抑えを務めることになりそうだが、それでも救援陣の層が薄くなる。この数年補強に依存し、生え抜きも育っていない状況を見ると、中継ぎ・抑えで実績のある五十嵐が最も必要。
    統一球の導入で守りが重要になり、近年は、これまで以上に打線(野手)よりも投手力が重視される中では野手の補強を度外視してでも五十嵐の獲得に最も注力しないといけないと思う。

    ogaさん2012/11/11 03:09に投稿

    1
    そう思う!
  • 野手は若手のレヴェルアップ 時間が必要 投手は何人いても良い 巨人やメジャーのようにトレード
    やFAで補強して強くしても真のフアンは歓迎しないだろう 

    爺虎さん2012/11/13 08:02に投稿

    1
    そう思う!
  • 五十嵐亮太。
    中継ぎ・抑えに苦しんだ1年でした。
    キャッチャーももちろんほしいけど、日高選手では年がいき過ぎています。
    キャッチャーは生え抜きで育てないと。

    ちゃんさん2012/11/13 08:16に投稿

    1
    そう思う!
  • 藤川がメジャーへ行くことが決まったので代わりにストッパーを務められる人材が必要。ストッパーはある程度経験者でないと難しいと感じます。経験もあって豪速球を投げられる五十嵐はまさにうってつけの投手。そうなると、五十嵐が来季の阪神のために、最も必要な選手であると思います。

    juさん2012/11/13 13:09に投稿

    1
    そう思う!
  • 中継ぎ・抑えのできる五十嵐が投手陣にいるだけで投手選手層は厚くなるかな、と思うので五十嵐選手に1票!

    中島:中軸任せれるとは思いますが、守備位置がないなと思いました。ショートは鳥谷いますし、サードは年間通じてできるかどうかが未知数ですし・・・
    西岡:ショートとセカンドを両方できるのはすごく魅力的で、まだまだ3割30盗塁できる選手だと思います。
    が、ショートは鳥谷・セカンドは上本がいますし、ポジションがかぶるかなぁと思います。
    日高:代打でもいけそうですし捕手は手薄ではありますが、捕手は若手出場枠ということで必要ないかなと思います。
    福留:全盛期なら攻守にわたって必要ですが・・・高年齢なのがネックかなぁと思いました。

    ふるさん2012/11/13 18:32に投稿

    1
    そう思う!
  • まず、現在の阪神の補強ポイントを考えると、
    ・藤川球児の穴を埋めるリリーフ
    ・右の打てる外野手
    ・正捕手
    の3点が挙げられる。

    五十嵐がこの中で一番マシとする根拠は、大リーグ帰りのリリーフは他のポジションより比較的活躍する可能性が高いという一点に尽きる。
    補強しなければ恐らくクローザーは福原か筒井。筒井は今年しか活躍してないし福原の抑えは正直失敗が多かった。
    また、リリーフはダメなら結構すぐ二軍に落とせるのも推す要因の一つ。
    西岡は、アメリカで打撃も走塁も守備も全部見失ってるし、平野同様期待はできない。
    日高は正捕手という器ではない。また、中島は候補に挙がっているがまず獲得は無理だろう。
    福留は、マイナーで一塁を守っている時点で論外。右バッターでなければ打てるわけでもなく外野手ですらない。おまけに高齢で高年俸。まともなGMなら取りにいかないと思うが・・・。

    Obviouslyさん2012/11/15 23:09に投稿

    1
    そう思う!
  • 投手力は上げたい。

    ゲルマンさん2012/11/17 09:16に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ