Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<波乱万丈の野球人生を語る> 小久保裕紀 「それでも歩んだ一本の道」 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHiroshi Harada

posted2012/11/19 06:01

<波乱万丈の野球人生を語る> 小久保裕紀 「それでも歩んだ一本の道」<Number Web> photograph by Hiroshi Harada
ファンに愛され続け、今季2000本安打を達成した強打者が、
ユニフォーム生活に別れを告げた。たび重なる故障に見舞われながら
常に前向きに歩んできた男が、激動の19年間を自らの言葉で振り返る。

 10月19日、CSファイナルステージ第3戦。ソフトバンクが日本ハムに2点リードされて迎えた9回表2死二塁、一発出れば同点の場面で打席に立ったのは小久保裕紀だった。だが小久保は守護神・武田久の投じた3球目を打ち上げ、ショートフライ。その瞬間、ソフトバンクの2012年は終わりを告げ、2年連続日本一の夢もあえなく絶たれた。そして同時に、小久保の野球人生も幕を下した。

「最後の打者が自分になるなんてね。聖一(内川)が出塁して、僕まで回してくれたのが嬉しかった。相手チームの稲葉(篤紀)から花束をもらい、胴上げまでしてもらった。波乱万丈だった自分の野球人生の最後にこんな素晴らしい巡り合わせがあるなんて……自分は本当に幸せ者です」

「(ドラフトで)巨人に入っていたら、もっと早く潰れていました」

 出場した2057試合すべてに全力でぶつかってきた小久保の19年間の野球人生。その波乱の幕開けは、ダイエー(現ソフトバンク)を逆指名した'93年のドラフトだった。'92年のバルセロナ五輪の野球日本代表チームにただ一人選出された大学生を巡り、ダイエーと巨人が激しい獲得合戦を演じたのだ。小久保は巨人の攻勢の前に、合宿所から一歩も外に出ず、電話の取り次ぎも断って、ドラフトの日を待ったという。

「まだ22歳の僕には、2球団のうち一つに絞るというのは、しんどい作業でした。ただ、あのとき巨人に入っていたら、19年間も野球はできてないと思いますね。きっと、もっと早く潰れていました。福岡に来て、王会長との出会いがあり、それでやって来られたんであって、あの注目度の中、全国区の巨人に飛び込んでたら、潰れてたと思うんですよ」

1年目のウインターリーグ、小久保のもとを訪れた王貞治の“激励”。

 ダイエーに入団した'94年オフ、監督が根本陸夫から王貞治に代わる。ハワイのウインターリーグに参加していた小久保のもとを、王はわざわざ訪れ、「来年、一緒にやろう」と声をかけた。その日のことを小久保は鮮明に記憶している。そして翌'95年、全試合出場を果たし、本塁打王に輝いた。

「あの年は自分の欲が表に出すぎて、周りにはみっともなく映っていたと思います。全部ホームラン狙いで、石毛(宏典=当時ダイエー)さんに『みっともない! 普通にしてたら獲れるんやから』と言われたのをよく覚えてます。でもそりゃ、欲も出ますわな。2年目の若造なんですから」

【次ページ】 タイトル獲得後、スランプと出場停止という試練が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小久保裕紀
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ