エル・ゴラッソBACK NUMBER

19年目DF山田暢、リベロで先発へ 

text by

PROFILE

posted2012/11/07 11:00

J1:浦和◆練習レポート◆6日◆大原サッカー場

 7日にJ1第31節の川崎F戦を控えた浦和は6日、トレーニングを行った。前節のC大阪戦で右太もも裏肉離れにより今季絶望となった永田充(29)に代わり、DF山田暢久(37)がリベロとしてプレーした。

 ACL出場権獲得となる3位を死守する大事な一戦とあって、ペトロヴィッチ監督(55)は「シーズン終盤に入り、緊張したゲームが続くなかで良い結果を出すためには経験が必要」と、浦和一筋19年目の大ベテランに信頼を寄せた。

 「まずは失点をゼロに抑えること。もちろん攻撃も組み立てていきたい」と山田。残り4試合、ベテランの力を頼りに4試合ぶりの勝利を目指す。(浦和担当記者・菊地 正典)

ページトップ