フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

強豪ポルトガル相手に劇的ドロー!
フットサル日本代表が見せた使命感。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2012/11/05 12:00

優勝候補のポルトガルから勝ち点1を奪い、観客席からの大声援に応える日本代表。W杯出場を目指し8月に日本国籍を取得したペルー出身の森岡薫(写真)は2ゴールを挙げるなど、昨季Fリーグ得点王&MVPに相応しい活躍を見せた。

優勝候補のポルトガルから勝ち点1を奪い、観客席からの大声援に応える日本代表。W杯出場を目指し8月に日本国籍を取得したペルー出身の森岡薫(写真)は2ゴールを挙げるなど、昨季Fリーグ得点王&MVPに相応しい活躍を見せた。

 よくやった、日本!

 11月4日に行なわれたフットサルW杯の第2戦で、日本が強豪ポルトガルと引き分けた。前半を2-5で折り返しながら、後半の20分間で5-5まで挽回したのだ。

 勝ち点1の獲得へ至るシナリオは、必ずしも想定どおりではなかった。開始49秒と1分48秒にゴールを許し、いきなり2点のビハインドを背負ってしまう。

 この日の日本は、ブラジル戦から先発を変更していた。W 杯前最後の公式戦で退場処分を受けた北原亘が、出場停止を消化して復帰してきたのだ。

 だが、彼が先発に名を連ねるのは、6月1日のアジア選手権決勝までさかのぼらなければならない。さらに加えて、ポルトガルのプレースピードが驚異的だった。ふたつの要素が絡み合い、立ち上がりの失点につながった。

「僕らの予想をこえる速さでした。ホントに速かった。ブラジルよりも速かったです」と話したのは、ゲームキャプテンを務めた小宮山友祐である。最初に0-2の局面で出場したカズも、「確かにスピードはあったし、ブラジル戦よりも圧力を感じた」と振り返る。

 9分には早くも3点目を失う。「ポルトガルのプレースピードに慣れてゲームが落ち着く前に、失点を重ねてしまった」と小宮山は悔やんだ。

大会2試合目の前半で早くも崖っぷちへ追い詰められた日本代表。

 コラートチャッチャイホールのアリーナに響く「ニッポン!」コールが、歓声に変わったのは11分だった。「気持ちで持っていった」という森岡薫の豪快な右足シュートが、ゴール右上スミに突き刺さる。ワールドクラスの一撃だったが、得点の余韻は瞬く間に吹き飛ばされた。わずか1分後、4点目を奪われてしまうのだ。前半終了間際に星翔太が2点目をマークするが、ポルトガルはすでに5点目を記録していた。

 3日前にポルトガルと対峙したリビアは、失点を「5」で食い止めていた。3位での決勝トーナメント進出を争うかもしれないライバルと、前半だけで同じ失点を喫してしまった。大会2試合目の前半にして、日本は崖っぷちへ追い詰められた。

「後半開始の1秒から、自分たちを変えていくんだ」

 ハーフタイムのロッカールームに、ミゲル・ロドリゴ監督の怒号が響いた。ただでさえ早口なスペイン語が勢いを増し、荒々しい言葉が投げつけられた。

「私が監督になってから最低の試合だ!」

 覚醒効果を期待したひと言目を告げると、指揮官は選手のメンタルを整えた。シンプルで力強い言葉が、巻き返しを期すチームの決意を太くする。

「前半は忘れよう。後半の20分に集中するんだ。後半開始の1秒から、自分たちを変えていくんだ」

<次ページへ続く>

【次ページ】 後半11分、「日本オリジナルの秘密兵器」を投入。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ