MLB全日程終了。今季、最も評価したい日本人選手は?

編集部からのコメントを見る

 ジャイアンツがワールドシリーズをスイープで制し、MLBは2012年シーズンの全日程を終了しました。

  日本では、ダルビッシュのデビュー、イチローのヤンキース移籍といったニュースが大きく報じられましたが、ふたりだけでなく、多くの日本人選手がそれぞれのベストを尽くし、チームに貢献する姿が目立った一年でした。

 そこで伺います。
  あなたが最も評価したい日本人MLB選手は誰ですか?

青木宣親 (ミルウォーキー・ブルワーズ)
イチロー (ニューヨーク・ヤンキース)
岩隈久志 (シアトル・マリナーズ)
上原浩治 (テキサス・レンジャーズ)
川崎宗則 (シアトル・マリナーズ)
黒田博樹 (ニューヨーク・ヤンキース)
高橋尚成 (ピッツバーグ・パイレーツ)
田澤純一 (ボストン・レッドソックス)
ダルビッシュ有 (テキサス・レンジャーズ)
●その他

1-10件を表示 / 全43

すべて| 青木宣親| イチロー| 岩隈久志| 上原浩治| 川崎宗則| 黒田博樹| 高橋尚成| 田澤純一| ダルビッシュ有| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 今季、MLBで活躍した主な選手は、投手では若手ダルビッシュ、ベテラン黒田、野手では若手青木、ベテランイチローだろう。
    ダルビッシュは、16勝9敗、防御率3.90、三振221と1年目にして期待通りの立派な数字である。
    黒田は、16勝11敗、防御率3.32、三振167と安定してローテーションを守り地区優勝に貢献し、POでも良い仕事をした。
    青木は、打率288、HR10、打点50、盗塁30と素晴らしい数字を残しリードオフマンの座を勝ち取った。
    イチローは、打率283、HR9、打点55、盗塁29とイチローにしては少し物足りない数字だった。
    しかし、マリナーズ在籍時の打率261、ヤンキース移籍後の打率322と環境が変わり復活した。
    今季、最も評価したい日本人選手はイチローと言いたいところだが黒田であろう。ダルビッシュと青木も素晴らしい活躍だったが、やはり3年活躍して評価されるべきと思い黒田にした。

    nanvarさん2012/10/30 15:06に投稿

    16
    そう思う!
  • 最弱チームから常勝が義務付けられたチームへ移籍し奮闘したイチロー、1年目から結果を残したダルビッシュと迷ったのだけれど、あのヤンキースでローテーションを守り切って結果を残した黒田投手を推す。
    あくまで自分の感想ですが、イチローにしてもダルビッシュにしてもプレーに若干の「よそよそしさ」を感じたのだが(思えばマリナーズにおける今シーズンのイチローには「居心地の悪さ」も感じた。原因はこんなチームしか作れなかったマリナーズのフロントの責任である)、黒田投手には移籍1年目だというのに確固たる自らの「世界」があるかのような堂々としたピッチングをシーズン通して見せてくれた、と思っている。
    来シーズンもピンストライプのユニフォームを纏った黒田投手を見たいと思うのは自分だけではないと思う。

    赤鯱と梟さん2012/10/30 16:07に投稿

    8
    そう思う!
  • 37歳のシーズンにしてキャリアハイに近い成績を残し、野茂や王建民含めたアジア人投手では初となる
    アリーグでの200イニング、3点台前半を達成した黒田博樹投手を評価したいです。

    3年が限界という日本人投手の通説を覆す活躍をナリーグでされていた黒田投手。
    その活躍をヤンキース他複数球団に評価され1000万ドル以上の契約を提示されたとはいえ、
    アメリカメディアではAJバーネットなどナ出身投手がアで失敗した数多くの例を挙げられ、
    疑問視する声も少なくありませんでした。

    しかしあのヒッターズパークであるヤンキーススタジアムをホームにしてその声を覆す見事な成績、
    今年のMLB全体でも黒田投手以上の年齢で規定に達した投手は3人しかおらず、日本、アジアといった
    区分けをせずとも驚異的な数字であることが分かります。年齢から1年勝負になってくるでしょうが、
    どこまで足跡を残せるか頑張って欲しいです。

    karumasさん2012/10/30 17:29に投稿

    8
    そう思う!
  • 移籍し自らの価値を再証明したイチロー、ルーキーながら16勝を挙げたダルビッシュ、テストを経て入団しまずまずの成績を収めた青木は良いパフォーマンスを見せたと思います。しかしヤンキース1年目で黒田が残した成績は突出していると言えます。自己最多(チーム最多タイ)の勝利数、投球回数自己最多、チーム1番の防御率で抜群の安定感を誇りローテを守りヤンキースのプレーオフ進出に大きく貢献したと思います。

    shanghai boyさん2012/10/30 17:04に投稿

    7
    そう思う!
  • 年間ローテ守り通して防御率3点台前半、16勝、チームは地区優勝、プレーオフでも見事な投球。
    名門ヤンキースにあってまさにエース級の活躍。文句無しでしょう。

    dadaさん2012/10/31 17:43に投稿

    6
    そう思う!
  • 安定感

    DEBIさん2012/10/30 16:56に投稿

    5
    そう思う!
  • 先発を保証されず、中継ぎからスタートしたのに、結果を残し先発投手としてシーズンを終えたところ

    ちゃーまさん2012/10/30 15:36に投稿

    4
    そう思う!
  • 厳しい評価の中でメジャーに行き、結果をだした事は評価できると思う。

    GENIKEさん2012/10/30 16:49に投稿

    3
    そう思う!
  • 数字ならダルビッシュだけど、

    年間とおしてローテーションを守ってきたことと、チームへの貢献度の高さから、

    やっぱり黒田でしょう。

    広島に戻る時期が、また遅くなっちゃいましたね。

    こもねこさん2012/10/30 18:29に投稿

    3
    そう思う!
  • 一番はやはり青木選手。
    評価が下がってる日本人野手、更に注目度低いチームでの走攻守三拍子揃って活躍。
    コストパフォーマンスからも最上級の活躍でしょう。

    happymasaさん2012/10/31 13:42に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ