SCORE CARDBACK NUMBER

菊花賞か天皇賞か。
3歳馬に迫る二者択一の秋。
~クラシックレース、風潮の変化~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2012/10/14 08:00

菊花賞か天皇賞か。3歳馬に迫る二者択一の秋。~クラシックレース、風潮の変化~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

 クラシックレースの体系は、競馬発祥の地・英国が範となっている。日本だけでなくほとんどの国がその体系を取り入れたのは、異なった条件の3つのステージを戦わせて勝敗を競う面白さが、まさに万人ウケしたからだ。

 ところが本家の英国では、とっくの昔にクラシックが形骸化している。最新の3冠馬はというと、なんと42年前のニジンスキーまで遡らなければいけない。3歳が挑むべき重要な課題が新たに提起され、3冠達成の偉業感が極端に薄まってしまったのがその原因だ。つまり、春に2冠をさらうほどの傑出馬なら、セントレジャー(日本の菊花賞に相当。ドンカスター競馬場の14ハロン132ヤード、約2937mで争われる)ではなく、古馬の最高峰を相手に2400mを走る、凱旋門賞でその能力を証明するのが本道とされたのだ。

 日本にもそうした風潮は入り込んできている。かのディープインパクトは全くブレることなく菊花賞に目標を定めて、見事に無敗でのトリプルクラウンを成し遂げたわけだが、当時も「楽な道に進むな。天皇賞(秋)に行って古馬を倒してみろ」という声が確かに聞こえていた。それに対して武豊騎手が「2冠を制した馬でなければ3冠に挑戦することはできないんです。3冠軽視は、それに挑もうとしているディープインパクトに失礼でしょう」と語っていたのが強く印象に残っている。そういう意味では、日本のほうが本家よりトラディショナルなのかもしれない。

今年のダービー1、2着馬が取った、菊花賞と天皇賞へのスタンス。

 とはいえ、春のクラシックで主役を張った面々が菊花賞へ行くのか、はたまた天皇賞(秋)に進むのかが当たり前の二者択一として論じられるようになってきているのは、間違いなく進化だと思う。

 ダービー馬ディープブリランテは、天皇賞に含みを持たせながらも菊花賞参戦が本線。皐月賞馬ゴールドシップは、神戸新聞杯を圧勝して勇躍菊花賞へ。両雄の3000mでの再激突は見ものだ。

 一方、ダービーでハナ差の2着に泣いたフェノーメノは、苦手と言われた右回りを克服してセントライト記念を楽勝したが、熟考した陣営の選択は天皇賞。左回りの東京2000mなら、古馬を撃破するシーンも十分という目論見は個人的にも賛成。今年の3歳馬は相当強い。

関連コラム

関連キーワード
ディープブリランテ
菊花賞
天皇賞(秋)

ページトップ