熱パ!クライマックス劇場BACK NUMBER

信頼が生んだ3本柱で日本ハム優勝!
栗山監督が唯一残すCSへの課題は? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/10/03 11:30

信頼が生んだ3本柱で日本ハム優勝!栗山監督が唯一残すCSへの課題は?<Number Web> photograph by Kyodo News

札幌ドームで午後5時から公開練習をしていた日ハムナイン。優勝会見では、選手たちがコメントをするたびに満面の笑みを浮かべて喜んでいた栗山監督。

 3年ぶり6度目のリーグ制覇は、意外にもあっけないものだった。

 マジックを「2」にしての10月1日からの2日間、試合のない日本ハムは2位・西武の勝敗の行方を静観することとなった。

 結果、西武は連敗。2日、日本ハムは戦わずしてパ・リーグの頂点に立った。札幌ドームに駆け付けた1万5608人のファンの前で、就任1年目の栗山英樹監督が11度、宙を舞う。

「北海道が一番になりました」

 指揮官は満面の笑みを浮かべながら、優勝の喜びを語った。振り返れば、決して下馬評通りの戴冠ではなかった。

 大黒柱のダルビッシュ有がテキサス・レンジャーズへ移籍し戦力が大幅にダウンしたこともあり、多くの評論家がシーズン前の順位予想で日本ハムをBクラスに挙げた。

 それがいざ蓋を開けてみれば、開幕から上位をキープ。オールスターが明けてからは混戦だったものの、首位の座を明け渡すこともあまりなかった。

「何もしなかった」

 栗山監督は、自嘲気味にそう語る。だが彼は、組織を束ねる者として大事なことをやってのけた。

 社会ではよく、「人を信頼しても信用はするな」と言われているが、栗山監督は選手を信頼し、そして信用し続けたのだ。

 その資質が3つの大きな柱を生んだ。

“がに股打法”を捨ててまで、栗山監督に応えようとした中田。

 第一に挙げられるのは、4番の中田翔の存在だろう。

 シーズン前から4番を示唆するコメントを発し続けていた指揮官に対し、中田本人はこう言っていた。

「監督は多分、『いい選手は使ってダメな選手は使わない』って感じだと思うんで、もう、アピールするしかないですよね。4番を奪いに行くつもりでやらないと」

 だが、前半戦の中田は極度の不振に陥った。

 開幕戦から24打席連続、交流戦でも20打席連続無安打など前半戦は打率2割2厘。全くと言っていいほど4番としての役割を果たせずにいた。

 しかし栗山監督は、「チームを勝たせる4番になってほしい」と「4番・中田」にこだわった。

 その想いはやがて、中田に4番としての自覚を持たせることになる。

 中田は「使い続けてくれる監督のためにも」と、それまでの“がに股打法”を捨て、試行錯誤を繰り返した末、左足でタイミングをとる現在のフォームにたどり着く。その形が安定した後半戦になると中田は本来の力を発揮し、2割9分1厘、13本塁打(10月2日現在)。キッチリと主砲としてチームの快進撃を支えた。

【次ページ】 栗山監督はどうやってダルビッシュの穴を埋めたのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
中田翔
ダルビッシュ有
吉川光夫
増井浩俊
宮西尚生
斎藤佑樹

ページトップ