Sports Graphic NumberBACK NUMBER

柳沢敦 「十字架を背負って」 ~終わらざるドイツW杯~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKotaro Akiya

posted2010/06/09 06:00

柳沢敦 「十字架を背負って」 ~終わらざるドイツW杯~<Number Web> photograph by Kotaro Akiya

 紫色のゆりかごが大きく揺れた。

 5月5日、ホームの西京極競技場。

 史上6人目となるJリーグ通算100ゴールに王手をかけていた柳沢敦は、こぼれ球に素早く反応して胸トラップから一瞬でトップスピードに乗って相手を抜き去ると、最後は落ち着いてゴール右隅に決めた。シンプルにゴールに向かうという柳沢のエッセンスが凝縮された一発。試合前日に第一子となる長男が生まれたとあって、仲間たちが一斉に柳沢を取り囲んだのだった。

 足掛け13年、284試合目にしてのメモリアルゴールは日本人プレイヤーでは三浦知良、中山雅史、藤田俊哉に続く4人目の快挙。4年前、ドイツW杯のクロアチア戦で決定機を外してバッシングを浴びた柳沢はその後、ケガに苦しみ、不調に喘いできた。それでも京都サンガで着実に得点を重ね、移籍3年目にしてついに偉業を成し遂げたのだ。

 翌日、関西で発行されるスポーツ紙の多くが柳沢の100ゴールよりも日本代表監督の面前でゴールをマークしたセレッソ大阪の若きミッドフィルダーに紙面を大きく割いていた。その新聞の片隅に柳沢の声があった。

『僕は個人で打開するより周りに活かされている。多くの味方に助けてもらった。100点は通過点だし、まだ積み上げていきたい』

 苦悩の日々を送ってきたストライカーが“通過点”と貪欲に言い切ったところに、心境の変化を感じないではいられなかった。

苦戦したJ通算100ゴールは長男誕生の翌日だった。

 100ゴール達成から2週間後、京都・城陽市の山地にあるサンガタウンは雨に包まれていた。クラブカラーである紫色の花々がクラブハウスの周辺を彩り、両手を広げるように雨水を受け止めている。

「このあたりはなんか落ち着ける。京都という町はとても住み心地がいいんですよね」

Jリーグ前半戦最後の試合で横浜F・マリノスと対決。中澤佑二と競る場面も

 練習後、インタビューのために用意されたクラブハウスの一室に入ってきた柳沢は窓の外に目をやりながら、そうつぶやいた。そして、長男が誕生した翌日に100ゴールを決めた偶然を不思議そうに振り返っていく。99ゴール目を挙げて以降、40日近くもゴールに見放されていたのに、子供の誕生と同時に“産みの苦しみ”が消えたのだから。

「正直、不思議なパワーがあるのかな、と思いましたね。これまで何度もチャンスがあって取れなかったのに、何でここで取れるのかと。周りからは『子供が生まれたらすぐに取れるよ』と言われてきましたけど、本当にそうなるとは思ってもみませんでした(笑)」

 試合前日、練習を終えて病院に駆けつけ、生まれたばかりの元気な男の子の赤ちゃんと初めて対面した。試合当日も自分そっくりな男の子の寝顔を目にしっかりと焼き付けてから会場に向かっていたのである。

 ただ、ゴールを心の底から喜べたわけではない。先制点を叩き出したものの、好調の清水エスパルスに4点を奪われて逆転負けを喫したからだ。6試合ぶりの勝利をつかめなかったことには悔いが残った。

【次ページ】 柳沢の半生を如実に言い表すある言葉。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
柳沢敦
南アフリカW杯
サッカーW杯

ページトップ