スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

新興勢力の躍進とコイン・トス。
~MLBプレーオフを展望する~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/09/25 10:31

新興勢力の躍進とコイン・トス。~MLBプレーオフを展望する~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

智将デイビー・ジョンソン監督(写真中央)のもと、移転後初のプレーオフ進出を果たしたナショナルズ。

 9月がそろそろ終わる。

 大リーグのレギュラーシーズンもあとわずかとなった。が、息つく暇もなく、甘美で残酷な10月がはじまる。

 とくに今季は、ポストシーズンに歴史的なイヴェントが控えている。

 10月5日に予定されているワンゲーム・プレーオフだ。今季から2枚に増えたワイルド・カードが、怨みっこなしの一本勝負でぶつかり合う。まるでコイン・トスだ。勝ったチームだけが、ディヴィジョン・シリーズに進出できる。その先は例年どおり、リーグ・チャンピオンシップとワールドシリーズの激戦がつづく。

 だが9月22日現在、2枚のワイルド・カードは、両リーグともまだ決まっていない。

 プレーオフ出場を決めたのも2球団だけだ。

 ナ・リーグ中地区首位のレッズと、ナ・リーグ東地区首位のナショナルズ。レッズは開幕前から評価が高かったが、ナショナルズは穴馬扱いだった。なにしろ、前身のモントリオール・エクスポズがプレーオフに進出したのは、1981年のことだ。さらにいうなら、ワシントンDCに本拠地を置く球団がプレーオフに進出したのは、1933年のセネタースにまでさかのぼらなければならない。

アドヴァンテージを巡って、ナ・リーグの激闘は続く。

 今季のナショナルズは、リーグ随一の先発投手陣が機能した。エースのストラスバーグこそ、肘の手術直後とあって、9月中旬に操業停止を言い渡されてしまったものの、ジオ・ゴンザレス、ジョーダン・ジマーマン、ロス・ディトワイラー、エドウィン・ジャクソンとそろった先発4本柱に死角はない。プレーオフ進出を決めた試合でも、ディトワイラーが6回を1失点に抑え、ドジャースを相手に危なげない勝利を収めている。進出を決めた時点での勝率は、6割1分1厘。

 他方のレッズは、ナショナルズよりも何時間か早く、プレーオフ進出を決めた。こちらの勝率は、6割7厘。負けの数がひとつ多いだけで、勝利数はぴたりと肩を並べている。

 こまかいことをいうようだが、この星ひとつの差が最後になって利いてくる。ナ・リーグ最高勝率のチームは(オールスターでもナ・リーグが勝っているので)、ポストシーズンの期間中、「ホームフィールド・アドヴァンテージ」を満喫することができる。DSでもLCSでもワールドシリーズでも、本拠地での戦いが多ければ展開は相当に有利だ。このニンジンが眼の前にぶらさげられているかぎり、ナショナルズもレッズも、残り試合に手を抜くことは考えられない。

【次ページ】 ブルワーズがプレーオフ進出なら青木が新人王に!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
シンシナティ・レッズ
ワシントン・ナショナルズ
アトランタ・ブレーブス
セントルイス・カージナルス
ミルウォーキー・ブルワーズ
ボルチモア・オリオールズ
オークランド・アスレチックス

ページトップ