欧州サムライ戦記BACK NUMBER

「日本人らしさ」で勝負せず――。
岡崎慎司が歩む“清武らと違う”道。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/09/25 12:05

「日本人らしさ」で勝負せず――。岡崎慎司が歩む“清武らと違う”道。<Number Web> photograph by AP/AFLO

ブンデスリーガに来てからはMFとしての扱いが増えていた岡崎。“点取り屋”としての本来のプレースタイルを取り戻せるか?

 岡崎慎司はいつも違うところを見ている。

 彼の世界には赤い月が浮かんでいて、青い太陽が昇っているのかもしれない。サッカーの世界に限らない。人と違うこと。それはすでに一つの才能であり、価値である。だからこそ、彼の考えには興味深い何かがあるように思えてならない。

 いま、ブンデスリーガはちょっとした日本人ブームに沸いている。第3節では乾貴士、清武弘嗣、宇佐美貴史の3人がゴールを決めたからだ。

「ロンドンオリンピック世代のヤツとかそうですけど、ブンデスであの若さで3人が点を取ったとなったら……こいつら、これから絶対にヤバイことになるやん(笑)」

 岡崎はそう感じた。

“すばしっこくて、ボール扱いが上手く、規律がある”日本人。

 香川真司がマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したために日本人選手への注目度は下がるのかと思われたが、むしろ、これまで以上に彼らへの注目と期待は高まっている。日本人選手を評価するコメントもメディアを通して飛び交う。

 すばしっこい。ボール扱いが上手い。規律がある。正確なキックを蹴れる。

 岡崎は現状をこう、分析する。

「今、みんな日本人らしいプレーで活躍している感じじゃないですか?」

 確かにそうだ。

「でも、俺はこれまで日本人らしさで勝負していたわけじゃなくて、こっちのヤツらみたいなスタイルで7点とって(2011-2012シーズン)、しかも守備も頑張ってというところを評価されてきた。だからこそ、『ガイジン』みたいなプレーで日々の戦いを制していかないといけないと思うんです」

【次ページ】 岡崎に発想の転換を迫らせたショッキングな出来事とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岡崎慎司
シュツットガルト
ブルーノ・ラバディア

ページトップ