オルフェーヴル、凱旋門賞で日本馬初の勝利はなるか?

集計グラフを閉じる

 世界最高峰レースと言われるフランスの凱旋門賞(10月7日)への出走が決まっているオルフェーヴル(池江泰寿厩舎、牡4歳)。
9月16日には、凱旋門賞と同じコース(ロンシャン競馬場)、同距離で行われた前哨戦フォア賞で勝ち、ブックメーカーのオッズでは一番人気となるところも出ています。

 ディープインパクトをはじめ、数々の名馬が挑んでは敗れてきた凱旋門賞勝利の夢。
  クリストフ・スミヨン騎手が駆る“日本最強馬”オルフェーヴルは、日本馬として初の凱旋門賞勝利を収めることはできるのでしょうか?

●日本馬初の勝利を収める!
●残念ながら、勝利できない

1-10件を表示 / 全14

すべて| 日本馬初の勝利を収める!| 残念ながら、勝利できない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 勝ってくれ!そう思っています。
    日本でたいした成績を収めていないナカヤマフェスタが好走し、それに乗じてここ数年「勝ってくれたらラッキー」ぐらいの軽い感じで日本G1・1勝程度の馬が参戦するようになった。まかり間違ってその程度の馬が勝ったとしても、何のドラマ性も感動も感じないがオルフェーブルは違います。3冠馬+前哨戦からフランスで使う陣営の本気モード、日本独自の血統、現役最強馬どれもドラマを感じます。
    私はエルコンドルパサーが大好きなのですが、この馬ならあの時の着順を超えることを許せますし超えてほしいと思っています。
    ただ一つ気がかりなのは、スノーフェアリーが負けるところが想像できない点です。あの馬の強さもハンパじゃないです。
    ただただ勝ってくれと祈っています。それと故障なく無事に走りきってJCか有馬記念で女傑の後継者ジェンテイルドンナと勝負してもらいたいです。

    BOTANさん2012/09/21 19:42に投稿

    6
    そう思う!
  • 勿論、期待値込みの意見であることは重々承知ですが、ロンシャンの馬場と超スローペースを克服したことは大きく評価できると思います。
    三冠を制した競争能力と距離適性とは裏腹に、「上手に競馬する能力」に乏しいオルフェーヴルですが、スミヨンが本番でも好騎乗を見せてくれることを期待しています。

    rogerさん2012/09/21 23:42に投稿

    3
    そう思う!
  • 可能性はあると思います。いや、思っています。

    日本のG1で好勝負を演じれる馬ならば能力は十分高いでしょうから、その土地に慣れていけば問題ないのでは。もちろんオルフェーブルは最有力でしょうが。

    しかし、この項目もなくなってほしいものです。早く勝利をとってもらい、世界のG1を普通に遠征して、普通に好勝負を演じてもらい、普通のニュースになれるように頑張ってほしいものです。(簡単にはいかないでしょうけどね)

    まあでも三冠馬だから凱旋門賞を!ということも考えなければいけないかもしれません。単純に考えても2400mを2分22秒台で争う芝のスピードに特化した島国のレースと片や深い芝の2分30秒台位になる大陸のレースでは「求められる質」が違うでしょうから。もっと、その辺を考慮して遠征をどんどんしてほしいものです。適性の見分け方は私にはわかりませんが・・・

    大丈夫!信じましょう!


    帝王00さん2012/09/22 12:12に投稿

    3
    そう思う!
  • 社台がここまで繁栄した1番の功労馬、ノーザンテーストを父の持つダイナサッシュ
    同配合のマイルの鬼、サッカーボーイ、しかし産駆は菊花賞馬を数頭輩出したスタミナ抜群の血統
    更に競馬界至上最高であろうサンデーサイレンスを父に持つステイゴールド
    当時の世界最強馬だったファンタスティックライトを信じられない差し足で勝った能力
    全兄はドリジャニ、G1で3勝、2歳~7歳と活躍できたのは母系のメジロアサマ~ティターン~マックィーンの
    遅咲き晩成とサンデー産駆の仕上がりの早さの融合。現代最高のニックス配合ではないか?!
    そしてオルフェーヴル。まさに社台とメジロの傑作です

    この馬は今がピークではないかもしれない・・しかし、フランスの馬場に合っている重厚な配合や兄譲りのピッチ走法でフォア賞での完勝!機は熟した!!!日本のホースマン達の夢を乗せてゴールをトップで駆け抜けるでしょう!うーむまさに血のロマンである

    takeshiさん2012/09/22 15:33に投稿

    3
    そう思う!
  • 根拠はありませんが、勝ってくれという期待感でいっぱいです。海外遠征のノウハウも蓄積されており、そろそろと思っています。

    YASUBEYさん2012/09/23 18:18に投稿

    3
    そう思う!
  • この馬ならば、余所見しなければ勝てると想う。

    夢が好き!!!!!さん2012/09/21 20:12に投稿

    2
    そう思う!
  • 期待はしますけど、勝利なるか?と聞かれると難しいかなと
    スノーフェアリーは相当強いし、(出てくれば)キャメロットは歴史的名馬クラスの馬だと思うし、斤量面で前者は牝馬、後者は三歳馬としてアドバンテージがあるので、オルフェーヴル凱旋門賞勝利のポールポジションにいるとは・・・
    フォワ賞はあくまで前哨戦ですし、過剰に期待せず、集中して走って欲しいなと思うくらいです

    i formationさん2012/09/25 14:08に投稿

    2
    そう思う!
  • ・・・・と、期待したい。
    が、そんな簡単にはいかないでしょう。
    フランケルが回避したものの、キャメロットが出走してきますし
    デインドリーム、スノーフェアリー、ナサニエル、セントニコラスアビーなどの
    強豪と一度も走ったことがないので力関係が分かりません。
    本番と同じコースを走った強みはありますが
    現実的には、かなり厳しいレースになるでしょう。
    仮に勝てたとしても「遥か前方にフランケルがいるはずだ」なんて
    言われるんでしょうね。

    アベノのセレッソファンさん2012/09/25 22:30に投稿

    2
    そう思う!
  • たぶん勝てると思います。3~4倍のオッズで1着と予想します。最初に挑戦したのはスピードシンボリと野平のコンビでしたっけ。綾小路きみまろじゃないけれど、あれから40年、機は熟した、時こそ至れ、今ぞ勝鬨の秋。一つ、気に入らないのが騎手がスミョンであること。彼自身には別に含むところはないけれど、日本馬初めての戴冠騎手は、やっぱり主戦の池添謙一であってほしかった。ドリームジャーニーに男にしてもらった池添にすれば、オルフェーブルを勝たせて、男の恩返し、これが競馬のロマンではないでしょうか。

    henryさん2012/09/29 17:28に投稿

    2
    そう思う!
  • 例年よりメンバーが落ちていること、地元の一流騎手が乗ること、そして何よりもロンシャンで君が代を聞きたい。

    Nashwanさん2012/10/01 06:57に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ