SCORE CARDBACK NUMBER

接戦展開とコース改修で、
今季も見どころ多い鈴鹿。
~10.5開幕、F1日本GP展望~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/10/01 06:00

接戦展開とコース改修で、今季も見どころ多い鈴鹿。~10.5開幕、F1日本GP展望~<Number Web> photograph by Getty Images

イタリアGPで今季3勝目のハミルトン(左)がポイントリーダーのアロンソを追いかける。

 開場50周年を迎えた鈴鹿サーキットで行なわれる日本GP。昨季はベッテルが独走で'03年シューマッハー以来8年ぶりに鈴鹿でのタイトルを決めたが、接戦の今年は、戴冠劇は見られない。

 今年のシーズンインを前に鈴鹿では通称西コース、F1だと後半セクター2から3にかけて全面再舗装工事が実施された。デグナー、ヘアピン、スプーン、130R、シケインなどこれまで“見せ場”だった路面がスムーズになった。

 '09年に東コース(セクター1)だけが再舗装された際には新旧路面の差異にドライバーがリズムを乱し、デグナーでのスピン、コースオフが起きた。そして、今回の改修によってキーコーナーになると思われるのがスプーンだ。二つの複合コーナーで入り口は60R、出口は200R。進入時のブレーキングからコーナリング速度と脱出体勢を安定させ、長いバックストレートへ加速して行く。昔から「鈴鹿攻略の鍵」だったが、新しい路面に変わり、ここをより攻め込めるマシン、ドライバーが優位を占めるのではないか。ちなみに昨年予選2位から逆転勝ちしたバトンは、このスプーンを含むセクター2で決勝最速タイムを出している。

「ベスト・パッケージ」で挑めれば、小林可夢偉にもチャンスが。

 絶対的最速マシンが存在しない状況が続いた今季だったが、イタリアGPで3戦連続PPウインを達成したマクラーレンがその存在感を示しつつある。鈴鹿未勝利のハミルトンが獲れば、さらに追撃モードにスイッチが入るだろう。

 首位防衛を固めるフェラーリ・アロンソの大敵は彼らマクラーレン勢、次に3年連続PPのレッドブル・ベッテル、そしてロータス・ライコネン。この中にザウバー小林が切り込むチャンスはある。チームは主にエアロパーツ・アップデートを準備、鈴鹿に照準を絞っている。また年間8基という使用制限があるエンジンもとっておきのフレッシュを土曜から入れる予定だ。チャンピオンシップ上位勢はおそらくそうはせずに、自分たちの“勝負GP”に決戦投入すると思われる。

 マシン、エンジン全てで小林に「ベスト・パッケージ」を与え、ペレスとともにランク5位メルセデスに挑戦するのがザウバーの大目標だ。その相手、シューマッハーだが来年の去就が現時点で未だ明らかにされていない。これが鈴鹿ラストランとなる可能性もありえる――。

関連コラム

関連キーワード
ルイス・ハミルトン
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン
フェラーリ
レッドブル
セバスチャン・ベッテル
ロータスF1チーム
キミ・ライコネン
小林可夢偉
BMWザウバー

ページトップ