SCORE CARDBACK NUMBER

マッチメークの巧さが光る、
シュートボクシングの独自路線。
~他団体との“ギブ・アンド・テイク”~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/10/08 08:00

マッチメークの巧さが光る、シュートボクシングの独自路線。~他団体との“ギブ・アンド・テイク”~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

KO勝利を収めた宍戸は、選手生活最大の目標だったS-cup制覇への切符を手にした。

 業界の底冷えなど、どこ吹く風。パンチやキックだけではなく、投げ、関節技、絞め技などスタンド状態からの攻撃は全てOKをうたうシュートボクシングのマッチメークが光っている。

 9月17日の後楽園ホール大会では2年に一度のビッグイベント――『S-cup』(11月17日・両国国技館)出場をかけての最終査定試合が3つも組まれた。

 メインでは宍戸大樹が元プロボクシングの日本王者である鈴木悟と激突した。長らく団体のエースとして君臨してきたが、昨年6月以来4連敗。限界説も囁かれていた宍戸だっただけに、戦前は鈴木有利の声の方が圧倒的に大きかった。

「負けたら終わり」

 覚悟を胸に秘めて臨んだ一戦で、宍戸は試合開始早々バックハンドブローで立て続けに2度ダウンを奪い、劇的なKO勝ちを収めた。崖っぷちに追い込まれたエースに噛ませ犬をあてがうのではなく、あえて非情なマッチメークを仕掛ける。団体側もリスクを背負わなければ、今回のような大きな興奮は生まれない。

選手の貸し借りも、お互いうまみのあるギブ・アンド・テイク。

 その一方でシュートボクシングは交流上手である。この日宍戸とともに最終査定試合に臨んだキックボクサーの日菜太と総合格闘家の郷野聡寛はいずれも査定試合の第一弾をそれぞれのホームリングで行ない、勝利を収めている。シュートボクシングにとって選手の貸し借りは借りっぱなしではなく、ギブ・アンド・テイクが基本なのだ。お互いうまみのある交流だったら、不平不満は出にくい。

 残念ながら日菜太はK-1でも活躍したウォーレン・スティーブルマンズに、郷野はハードパンチャーのボーウィー・ソーウドムソンに敗北。いずれも本戦出場の夢は断たれたが、リザーバーとして出場する可能性は残されている。

 現時点で宍戸以外にS-cup出場が確定しているのは“怪物君”の異名をとる日本ライト級王者の鈴木博昭。鈴木にとって70kg級での戦いは初となるが、そのパワーと体の頑丈さは規格外。今年6月には65kg級で宍戸からダウンを奪った上に完勝しているだけに、鈴木に対する期待は高まる一方だ。

 今回のS-cupのスローガンは「新しい風を吹かせろ」。ベテランを活かしつつ積極的に新しい血を導入しながら、シュートボクシングは我が道を行く。

関連コラム

関連キーワード
宍戸大樹
郷野聡寛
日菜太
鈴木博昭
S-cup

ページトップ