プロ野球亭日乗BACK NUMBER

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。
原監督が村田に厳しい本当の理由。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/17 08:01

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。原監督が村田に厳しい本当の理由。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

丸刈りにしてバッティング練習を行う村田の先には原監督の視線が……。今季の成績は、打率.260、11本塁打、52打点(9月13日現在)。得点圏打率は.239と、期待の高さからするとやや物足りなさが残る。

 3年ぶりの優勝を目の前にした巨人ファンの間で、密かに「村田問題」が論議されているのだという。

「村田問題」の「村田」とは、もちろん昨オフにフリーエージェント(FA)の権利を行使して横浜(現DeNA)から巨人に移籍してきた村田修一内野手のことである。そして「村田問題」の「問題」とは、ここに来ての原辰徳監督の村田に対する一連の起用法に対する評価のことだ。

「今夜はもう自宅に帰っていい」と“強制帰宅”命令。

 着々とマジックを減らしている最中の9月7日のヤクルト戦。この試合、巨人は故障で戦列を離れていた杉内俊哉投手が戦線に復帰。打線も16安打と爆発して8対2と圧勝した。

 これでマジック15。歓喜に沸く試合後のベンチに、村田の姿はなかった。

 実はこの試合に、村田は「5番・三塁」で先発していた。だが、立ち上がりの1回、4連打で2点を先制してなお無死一、二塁の場面で三振。2回の第2打席も三ゴロ併殺打に凡退して、その裏の守りで交代を命じられたのだ。

 しかもベンチに下がると原監督から「今夜はもう自宅に帰っていい。リフレッシュして明日また、元気な姿で会おう」と“強制帰宅”させられていたのである。

 その晩、村田は自宅でバリカンを手にすると、自分で頭を丸刈りにして再起を誓った。だが、頭を丸めたぐらいでは、なかなか結果が出ないのも、プロの世界の厳しさなのである。

「代打・高橋由伸」を告げた原監督の“非情采配”は見事的中。

 それから2日後の9月9日、同じヤクルト戦(ハードオフ新潟)でのことだった。

 この試合で原監督は村田を、再び「5番・三塁」で起用する。だが、2打席凡退して迎えた6回二死満塁の場面で、打席に向かう村田を呼び戻すと「代打・高橋由伸」を告げた。

 結果的には代打の高橋が走者一掃の二塁打を放って巨人は3対3の同点に追いついた。原監督の“非情采配”は見事に的中したわけである。

 この一連の村田に対する起用を巡って、ファンの間では論議が巻き起こっているというわけだ。

 もちろん賛否が渦巻いているわけだが、今回に限っては、村田に対して同情的な論が多いように思える。特に試合中に帰宅を命じた7日の処遇は、本人にとってはかなり堪えたであろうことは想像に難くない。

 だが、なぜあえてそんな厳しい処遇を原監督はするのか? 村田に対して、ことさら厳しく当たる一つの理由として思い浮かぶことがなくもない。

【次ページ】 2年越しの“恋人”村田を獲得した原監督の思い。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
村田修一
杉内俊哉

ページトップ