メディアウオッチングBACK NUMBER

英国メディアは、香川真司の
デビューをどう報じたか。
~3節までの現地報道を検証~ 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/09/15 08:00

英国メディアは、香川真司のデビューをどう報じたか。~3節までの現地報道を検証~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

プレミア初ゴールを決めた翌々日の紙面では『香川はルーニーを驚かす存在になるかもしれない』との見出しもあった。

 現地イギリスの新聞に香川真司の記事が掲載される度に、一喜一憂する日本メディア。情報源が限られているとはいえ単発のニュースが多く、報道の全体像は今ひとつ掴みにくい。実際のところ、香川はどう扱われてきたのか。

 まず指摘できるのは、香川が既に開幕前から一定の注目を集めていたことだ。老舗の月刊誌「FourFourTwo」でも、毎週火曜日に発売される子供向けの雑誌「MATCH」でも、香川はチェルシーのアザールやアーセナルのジルー等に並ぶ、今季の注目株として紹介されている。

 とはいえ開幕直前の数日間、マンU絡みで話題をさらったのは、ファンペルシ獲得の衝撃的なニュースだった。

 真新しいユニフォームを手にして相好を崩すファンペルシと、「マンCにリベンジする態勢は整った」と息巻くファーガソン。その裏面には苦悩の表情で天を仰ぐベンゲルの写真。いわんとするところは、残酷なほどわかりやすい。

ファンペルシ加入直後の狂騒が止んだ後での、香川への評価。

 だが「ファンペルシ祭り」は、第1節のエバートン戦で一旦沈静化する。

「マンU躓く。フェライニのヘディングで、エバートンは好スタート」と題したガーディアンの記事に象徴されるように、多くの記事は番狂わせに焦点を当てていたが、香川に触れた記事も見られた。

 事実、ガーディアンは同じ紙面の下段で、ルーニーとファンペルシ、香川をいかに組み合わせるべきかを考察している。見出しは次のようなものだった。

「短時間出場のファンペルシは今後の課題を認識させられた。逆に香川は、本物の新たなスターになれるかもしれない」

【次ページ】 初ゴール後には「ルーニーを脅かす存在」とまで絶賛。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
香川真司
ロビン・ファンペルシ
ウェイン・ルーニー

ページトップ