フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

日本でプロ転向より海外に飛び出せ!
“世界を知った”松山英樹が歩む道。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/09/12 10:30

日本でプロ転向より海外に飛び出せ!“世界を知った”松山英樹が歩む道。<Number Web> photograph by AFLO

今年6月には全英オープンの出場権を賭けミズノオープンに参戦するも、トータル4アンダー、43位タイに終わった。

 華やかなオーガスタでの祭典から5カ月が経った。今年のマスターズは松山英樹が日本人で唯一決勝ラウンド進出を果たし、笑顔も悔し涙も見せた大会だった。

 今、松山はツアーに比べれば圧倒的に陽の当たることの少ない学生の、そしてアマチュアの試合で黙々と戦い続けている。

 オーガスタの狂騒の後では、あまりに地味で物足りなく感じる時間もあったに違いない。ただし、8月の全米アマへの出場が、穏やかな学生ゴルフの日常を打ち破る劇的な効果をもたらしたようだ。

 全米アマは「全米」という冠こそついているが、世界各国のトップアマが集うグローバルな大会である。上位2人には翌年のマスターズ出場権が与えられるほど、そのステータスは高い。誰でも出られるものではないが、松山にはアジアアマ優勝者としての参加資格があった。

「こんな話があるけど、松山どうする?」

 東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督の問いかけに、松山はいつも通りのとぼけた返事をかえした。

「どうします?」

「どうしますって、それなら勉強するためにも行ってみたほうがいいよ」

「そうですね」

長くアメリカで戦ってきた丸山茂樹の勧めで全米アマへの出場を決断。

 この出場決断の背景には、ある人物のアドバイスもあった。それは長く米ツアーを主戦場としてきた丸山茂樹である。

 阿部監督は以前、丸山からこんな風に言われていたのだという。

「英樹は全米アマ出られるんでしょ? だったらぜひ出てくださいよ。僕もアメリカで戦っていたからこそ、ミケルソンやいろいろな選手と今でも『ハイ! 元気?』と話ができるんです。海外の大きな試合に行っておいたほうが、将来一緒に戦う選手たちと今から知り合いになれるんですから。マスターズみたいなメジャーとは違うフィールドも経験しておいた方がいいですよ」

 マスターズ直前の調整の場としてロサンゼルスのゴルフコースを紹介するなど、丸山は以前から松山と縁があった。

「英樹には最初からメジャーを目指す選手になってもらいたい」

 今回もそんな丸山の親心から出た言葉だった。

【次ページ】 結果は予選落ちの惨敗も“大成功”だった理由とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
阿部靖彦
丸山茂樹
石川遼
全米アマチュアゴルフ選手権

ページトップ