セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

スター流出で寄せ集めの選手ばかり!
暗雲立ち込めるミランに勝機はあるか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/09/08 08:02

スター流出で寄せ集めの選手ばかり!暗雲立ち込めるミランに勝機はあるか。<Number Web> photograph by Getty Images

第2節ボローニャで初先発した新加入のパッツィーニ(左)がハットトリックを達成し、チームに今季初白星をもたらした。このままの勢いで新生ミランは勝ち進むことができるのか。

 今夏の移籍市場、ミランのチーム編成は8月末の期限ギリギリまで固まらないままだった。開幕直前にインテルへ電撃移籍したFWカッサーノの言葉は、終わったばかりの夏のドタバタ劇を端的に言い表している。

「美味そうな匂いの煙はたんとあっても、肝心のロースト肉は少なかった、ってことだよ」

 古巣ミランのフロントは口約束ばかり(=煙)で、実際の成果(=肉)に乏しかった。EURO本大会中からクラブへ補強を催促したが、願いは聞き入れられず悪童は腹を立てたのだった。

「スクデット争いを望むのなら、イブラヒモビッチとチアゴ・シウバの2人は絶対に放出すべきじゃなかった。彼らを絶対に放出しない、って約束も反故にされた。だから、俺も出て行くことにしたんだ」

 昨季終了から4カ月、ミランは完全に別物へと変貌した。

 クラブの厳しい財務状況を受けて、イブラとT・シウバの2枚看板を合わせてパリSGへ売却。高年俸のビッグネームたちも軒並みチームを後にし、クラブの金庫は大きく健全化した。ただし、その穴を埋めるべく今夏フロントが獲得を推し進めた新戦力は、MFコンスタン(前ジェノア)やMFモントリーボ(前フィオレンティーナ)ら、国内外のレンタル組や移籍金ゼロの選手ばかりで、クラブのローコスト路線への転換は明らかだった。

財務状況は改善するも「ミランはバラバラに解体された」。

 3季目を迎えるアッレグリ監督は「ミランはバラバラに解体された。チームをゼロから作り直す」と気丈に臨んだが、戦力が確定しない以上、適切な戦術テストもままならない。ユースの若手も大量起用せざるをえなかったプレシーズンマッチでは苦戦が続いた。

 USAツアーではレアル・マドリー相手に1対5で大敗。

 ガッリアーニ副会長は「世界中が注目していた試合で何という恥晒しだ」と指揮官へきついカミナリを落としたが、開幕1週間前の親善試合ベルルスコーニ杯でも2対3と王者ユベントスに力負けすると、ミランのフロントも駆け込み補強を画策し始める。

【次ページ】 駆け込み補強の甲斐なく、26年ぶりの開幕戦0封負け。

1 2 3 NEXT
ACミラン
ズラタン・イブラヒモビッチ
チアゴ・シウバ
アントニオ・カッサーノ
マッシミリアーノ・アッレグリ
アレシャンドレ・パト
ジャンパオロ・パッツィーニ
ナイジェル・デヨング
ボージャン・クルキッチ
ケビン・コンスタン
リッカルド・モントリーボ

ページトップ