プロ野球、特別ユニフォームの“増加”に賛成or反対?

集計グラフを閉じる

 最近のプロ野球では、各チームが特別ユニフォームを着用するケースが増えています。
  今シーズンで言えば、ソフトバンク「鷹の祭典・VVグリーン」や、巨人の「橙魂2012」では、来場者全員にレプリカを配るファンサービスを行いました。
  また「グレートセントラル2012」(8月24日~9月2日)と銘打ったイベントでは、セ6球団がそれぞれの黄金時代の復刻ユニフォームで戦うなど、様々な趣向を凝らしています。

 ただ一方、慣れないユニフォームが選手のミスプレーを引き起こしたり、ファンからは見慣れた“戦闘服”を見たいといった声もあり、特別ユニフォームに対して様々な意見が聞こえてきます。

  そこで伺います。
  特別ユニフォームの“増加”傾向について、あなたは賛成と反対、どちらのご意見をお持ちですか?
  理由も挙げて、お書きください。

●賛成  ●反対

1-10件を表示 / 全44

すべて| 特別ユニフォームに賛成| 特別ユニフォームに反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 過去ユニは歴史を感じれるから基本歓迎
    年1回はあってもいい

    ファンがユニフォームを買うというのは
    その球団を愛する気持ちの表れであったり、覚悟とも取れる
    「とりあえず」の気持ちでは買わない

    そんなものを無料で配ってまで型にはめようとする考えや
    金を落とさせる為に特別ユニを作る等
    この発想なら要らない

    ファンの意思で応援席がチームカラーに「染まる」から美しい
    球団の意思で「染める」のはダサイ

    人参13号さん2012/08/23 19:31に投稿

    21
    そう思う!
  • 最近の特別ユニホームはやり過ぎだと思う。
    何の為の特別ユニホームなのか、スポーツニュースを見ていても意味不明だし、この前見た某在京マスコミ球団のオレンジユニホームには、空いた口が塞がりませんでした。

    nonyasuさん2012/08/23 20:42に投稿

    14
    そう思う!
  • よく球場に足を運ぶファンとしては反対ですね。
    なんのためにやっているのか。

    どなたかも書いていますが
    ファン主導で球場をそのチームカラーに染めるのはカッコイイが、
    球団主導で球場をそのチームカラーに染めるのは正直ダサイ。

    あ、オールドユニは歴史を感じることができるいい機会だと思うのでたまにやるのは歓迎です。

    なおるださん2012/08/24 11:04に投稿

    13
    そう思う!
  • 悪いわけではないが、年に一度か二度くらいでいいと思う。
    某球団の橙は、さすがに引いた!九州の球団もなんかなぁ〜。どんな色でもいいのかなって、正直残念だった。
    敬意を表したクラッシックならまだわかるが。
    ファン獲得の策はもうちょっといいアイディアをひねり出してもらい、プレーで魅せてほしい!

    たったこさん2012/08/25 13:44に投稿

    11
    そう思う!
  • 「ユニフォーム」や「マーク」・「球団歌」は、コロコロと変えるもんじゃなーい!!!

    選手とファンが、
    年を重ねて、
    深みを増してゆくもの。

    「デザインの微調整」は必要ですが、
    その時の雰囲気で、安易に変更してはなりません。
    世代をつなぐ「連続性」が損なわれるからです。

    by デザイナー

    オールドユニフォームは良しとして・・・!

    Tampopo99さん2012/08/25 15:15に投稿

    9
    そう思う!
  • 個人的には、バファローズの「阪急ブレーブス」「近鉄バファローズ」やライオンズの「西鉄ライオンズ」モデルなどは今の時代新鮮でいいのだが(「ノスタルジー」と言われればそれまでだけど)、ライオンズの「西武鉄道100周年」とかジャイアンツのオレンジ色のやつとか(そういえば、このチームは恥ずかしくも「YOMIURI」を前面に推してた時期もあったな…)ファイターズの「エコユニ」などは「?」と思わざるを得ない。あまり野球と関係ないよなぁ…、と。
    かといっていくらオールドモデルがいいといっても、ファイターズの「七色のユニフォーム」を復刻されても困るし。
    程度の問題なのかもしれないが、何でもいいというわけではないかな…とは思う。

    赤鯱と梟さん2012/08/24 08:58に投稿

    8
    そう思う!
  • ユニフォームって、もっと特別な想いのこもったものだと思うんですけどね。
    ピンストライプのユニフォームを着たいとか、サッカー選手が日本代表のユニフォームに袖を通すとか、ラグビー選手が桜のジャージを身に纏うとか、あこがれの象徴であったり、それにふさわしい選手になるための努力の源であったりするんじゃないのかな?
    そんな大事なものが、ビジネスになるからといって、コロコロ増やされたら…ねぇ。安っぽくなっちゃいますな。あこがれもなんもかんも。
    ちなみに、「復刻ユニ」もあまり賛成できません。
    その同時代を共有した人たちだけが持つ大事なものを踏み躙っているような気がします。

    61さん2012/08/24 12:13に投稿

    7
    そう思う!
  • ホークスファンですが、毎年同じフォーマットで変わる鷹の祭典ユニフォームを球場で着る事はチームとファンが一体となって対戦チームに向かっていく感じがして、気持ちがいいです。
    一昨年までCSでふがいないチームを鼓舞すべく、鷹の祭典ユニフォームを集団で着て観戦し、ようやく去年優勝できた事がファンの中で成功体験として残り、観戦する際の「絆」のような、ファンの中ではグッズ以上の存在になっています。
    商業的にも上手くいっているので他球団も同じような取り組みを行っていますが、期間限定グッズの域を出ていない印象です。ファン心理をくすぐるストーリーや必然性がない、多くの特別ユニフォームはスポーツニュースでチームがわかりづらいなど、諸々の問題も抱えているため、数年のうちに減少、または廃止されると思います。

    sagaraさん2012/08/24 10:16に投稿

    6
    そう思う!
  • やはりファンが同じカラーのユニフォームを着ているからこそ一体感が生まれるのだと思う。
    毎年新しいカラーを出すのであれば、そのシーズンはそのユニフォームで行くのであれば、まだ納得が出来る。
    前のカラーを含め、色々なカラーのユニフォームが球場に写ると、なんかさむく感じる。
    オールドユニフォームに関しては、賛成、反対はともかく、着用するのであれば、その時代に沿ってズボンの裾をしっかり上げた着こなしをして欲しい。裾を足首まで下ろしたスタイルのオールドユニフォーム姿をみても懐かしさよりも、違和感が先に立ってしまう。

    fujiyoshi23さん2012/08/25 00:51に投稿

    6
    そう思う!
  • プロなのだからミスをしてはいけない、とメディアでは言われ、打てなかったり負けたりするとファンからは叩かれる。

    そのような、ただでさえプレッシャーのかかる状況下でさらにユニフォームまで変わるとなるとやはり選手としてはかなりやりにくいと思う。

    だが、たとえ特別ユニフォームを着ているからといって打てなかったり、ミスをしたことの原因を選手はユニフォームのせいにはできない。

    ならばできる限り選手のやりやすい環境でプレーしてもらいたい。

    特別ユニフォームを減らせとは言わないが、しっかり選手会全体にもアンケートをとり、試合前にはその特別ユニフォームを着て入念に練習をした上で試合に臨んでもらいたい。

    ファンサービスもいいと思うが、私としては選手がやりやすい環境でプレーしている姿が一番だと思う。

    ダイヤモンドさん2012/08/25 21:57に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ