NumberEYESBACK NUMBER

初のスクデットを狙う3季目へ。
真価を問われるインテル長友。
~さらなる成長へ、コンバートも~ 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byItaly Photo Press/AFLO

posted2012/08/25 08:00

初のスクデットを狙う3季目へ。真価を問われるインテル長友。~さらなる成長へ、コンバートも~<Number Web> photograph by Italy Photo Press/AFLO

 インテルでの新シーズンを迎えた長友佑都。欧州を代表するビッグクラブでの3季目は、日本人が経験したことのない領域だ。今季は、真のトッププレーヤーとして認められるかどうかの試金石となる。

 6位と低迷した昨季終了後、多くのベテランがチームを去り、世代交代が進む中、長友に求められているのは、さらなる攻撃力アップとチームの中核としての自覚だろう。

 EL予選のため、例年と比べて大幅に前倒しされたプレシーズン・キャンプでは、チーム再建を託された36歳の指揮官ストラマッチョーニが、リーグ最年少監督らしく若手選手の積極起用や大胆なコンバートを次々に試みた。

左サイドバックだけではなく、2列目右サイドで出場のケースも。

 長友にも新たな起用法として、コペル(スロベニア)との親善試合で、4-2-3-1の2列目右サイドが試されている。その後は定位置の左サイドバックへ戻ったが、長いシーズンを見据えてフィジカル・コンディションを上げていく中、戦況を見極める読みとシュートに直結する動きに磨きをかけた。

 シーズン初公式戦となったハイデュク・スプリト(クロアチア)とのEL3次予選1stレグは、敵地ながら3対0で快勝。前半終了間際の44分、スナイデルからのパスを受けた長友は、左サイドから鋭く切り込むとチーム2点目となる豪快なシュートを叩き込んだ。高い位置から仕掛けるゴールへの強い意識が、欧州カップ戦初ゴールとなって実を結んだ。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインテル番、マッテオ・ダッラビーテ記者は、長友にとって今季が「選手として、脂ののった“完成形”へ駆け上るシーズンになる」と位置づけている。

「いつか長友はハイレベルのウイングになれるんじゃないかと思う。とにかく左サイドの攻守の鍵を握るのは彼だ。監督やチームメイトからの信頼が厚いのも好材料だといえる」

【次ページ】 スナイデルのモチベーションを復活させた“接着剤役”。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
インテル
長友佑都
ウェスレイ・スナイデル
アンドレア・ストラマッチョーニ

ページトップ