セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ナポリとローマから目が離せない!
今季スクデット戦線も下克上の兆し。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/24 10:30

ナポリとローマから目が離せない!今季スクデット戦線も下克上の兆し。<Number Web> photograph by AFLO

愛煙家として知られるナポリのワルテル・マッツァーリ監督。イタリア・スーパーカップでの騒動で1試合のベンチ入り停止処分を受け、開幕戦は指揮を執れなくなった。

 開幕前夜のセリエAから、下克上の気配が漂っている。主力の大量放出や世代交代の渦中にあるミラノ勢に代わって、打倒ユベントスの急先鋒として浮上してきたのが、南イタリアの2強、ナポリとローマだ。

 その一方のナポリはというと、ユベントスの間ですでに遺恨の火花が散っている。

 8月11日に北京で開催されたイタリア・スーパーカップで、両者は激突した。大雨の中、ナポリのFWコンビ、カバーニとパンデフが切れのある高速カウンターからそれぞれゴールをあげる一方で、ユーベは新加入となるMFアサモアが豪快なボレーを突き刺す。そして後半29分にはユーベがPKで2-2の同点に追いつくが、引き締まった好ゲームは後半40分のパンデフの退場によって一転、荒れた展開となる。ロスタイムには、ナポリは2人目となるMFスニーガまで退場となった挙句、猛抗議のマッツァーリ監督にも“レッドカード”が突きつけられた。

 9人となったナポリは延長戦の30分間、一方的に攻められ続け、2点を奪われた。抵抗むなしく2対4で敗れると、怒り心頭のクラブが表彰式をボイコットする騒ぎに発展した。

ユベントス側の嫌味に舌戦で応えた智将の対抗意識。

 勝ち試合を不可解な判定でひっくり返されたマッツァーリは沈黙を保ったが、ナポリの強硬な態度には批判が相次ぎ、ユベントスのオーナー一族からはロンドン五輪にかこつけて「ナポリには(ルールを尊重する)崇高なオリンピック精神が欠ける」と嫌味めいた非難も受けた。

 これにはさすがの智将も黙っていられず、反撃に出た。

「(スポーツマンシップについて)ユベントスにだけは言われたくないな。協会が正式に28回だと定める優勝回数を『30回だ』と厚顔無恥にも強弁しているのは、どこのクラブだ? ユベントスの方こそ、口をつぐむべきだろう!」

 先駆者としての意地がある智将は、昨季のセリエAで最少失点を誇ったユベントスの3バックについても「私の守備戦術の二番煎じにすぎん」と一蹴。優勝監督コンテへの対抗意識を露わにしている。

補強による戦力アップでさらに完成度が高まったナポリ。

 夏の移籍市場でナポリは着実な戦力アップを図った。

 FWラベッシをパリSGへ放出したことで得点力低下が危惧されたが、代わりにペスカーラでの武者修行から呼び戻したイタリアU-21代表FWインシーニェが急成長。キャンプ地で組まれたバイエルン・ミュンヘンとの練習試合でも決勝点を奪った。身長163cmの高速ドリブラーは生粋のナポリっ子で、早速“ナポリのメッシ”の異名がついた。ただし、FWカバーニのエース待遇は不変だ。

 昨季のコッパイタリアを制したチームに、指揮官が熱望したMFベーラミとDFガンベリーニ(ともに前フィオレンティーナ)が加わり選手層に厚みが増した。レバークーゼンやボルドーなど国外強豪とのプレシーズンマッチでも連戦連勝。新布陣3-5-1-1は完成度を高めつつある。

【次ページ】 ナポリとローマが手を携えて、ユーベ包囲網を築く。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ユベントス
ナポリ
ローマ
ワルテル・マッツァーリ
ズデネク・ゼーマン
フランチェスコ・トッティ
マイケル・ブラッドリー
フェデリコ・バルザレッティ
マッティア・デストロ
クワドゥ・アサモア
ゴラン・バンデフ
エディンソン・カバーニ
フアン・スニーガ
アントニオ・コンテ
エセキエル・ラベッシ
ロレンツォ・インシーニェ
バロン・ベーラミ
アレッサンドロ・ガンベリーニ

ページトップ