SCORE CARDBACK NUMBER

ロンドンで躍進したU-23を
戦う集団に変えた“原体験”。
~権田が誓った、屈辱からの成長~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/22 06:00

ロンドンで躍進したU-23を戦う集団に変えた“原体験”。~権田が誓った、屈辱からの成長~<Number Web> photograph by AFLO

目を腫らしてインタビューに答える19歳の権田。ロンドンの快進撃はここに原点があった。

 ロンドン五輪へ携行したパソコンのなかに、4年前の“声”が残っていた。声の後ろからは、小さく中東特有の音楽も聞こえてくる。

「先輩の方々にも、協会の方々にも、ここでコケちゃったっていうのは、本当に申し訳ない」

 '08年秋、サウジアラビアで行なわれたU-19アジア選手権において、日本は準々決勝で韓国に敗れ、それまで7大会続いていたU-20ワールドカップへの連続出場が途切れた。パソコンにあったのは、その「歴史的敗戦」直後の音声データ。声の主は、権田修一である。

「このチーム(U-19代表)でやることはもうないですけど、幸い僕らにはもう一回、オリンピックというチャンスがある。明日から切り替えてやっていかなきゃいけない」

 その声は、現在と変わらぬ落ち着いた口調ではあるものの、言葉の端々には、焦りにも似た苛立ちがにじみ出ている。この悔しさは今すぐにでも晴らしたいが、そのためにはロンドン五輪、あるいは、その予選まで待たなければならない。

 だからだろうか、「ロンドンは4年後。そこまで準備の時間がある」と言いながら、必然的に活動期間が限られる代表チームでは、「時間はあるようでないことが、今回よく分かった」とも話している。

「五輪までにはチームに……」という、4年前の誓いは現実に。

 その後、いくつかの反省が聞かれるなかで、印象的だったのは、「チームとしてまとまっていなかった」という言葉だ。

 アジア予選に対する油断があり、グループリーグを突破した時点で緩みが出たこと。また、Jリーグで試合に出ている選手と出ていない選手との間に、意識の差があったこと。そうしたことから、「こういう苦しい試合になって、最後にボロが出てしまった」のだという。

 そして、声はこう結んでいる。

「オリンピックまでにはチームにして、アジア予選も絶対に抜けたい」

 果たして、4年後。ロンドン五輪男子代表は一体感のあるサッカーで、本場英国のファンをも大いに沸かせた。メダル獲得はならなかったが、44年ぶりのベスト4進出は、彼らがチームになっていた何よりの証だ。

 19歳のGKが少なからず不安を感じながらも望んでいた未来は、想像以上の輝きで現実のものとなったのである。

関連コラム

関連キーワード
権田修一
ロンドン五輪
五輪男子サッカー
オリンピック
サッカー

ページトップ