SCORE CARDBACK NUMBER

無惨に死んだ世界王者の
語り継ぐべき偉業と素顔。
~エドウィン・バレロの訃報に思う~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/06/02 06:00

無惨に死んだ世界王者の語り継ぐべき偉業と素顔。~エドウィン・バレロの訃報に思う~<Number Web> photograph by Getty Images

ベネズエラに帰国した'09年以降はビッグマッチに恵まれず、うつ状態が続いていたという

 後頭部にガツンと不意打ちを食らったような、すっきりしない気分が続いている。4月、エドウィン・バレロが唐突にこの世からいなくなったからだ。

 スーパーフェザー、ライトの2階級で世界王座に就いたKOアーティストは、妻を刺殺し逮捕された数時間後、留置場で首を吊って自らの命を絶った。正気の沙汰ではない。実際、最近は薬物とアルコール漬けで、カロリナ夫人や母親にたびたび暴力を振るい、それが高じて無惨な結末となった。束の間、東京で妻子と仲睦まじく暮らし、「ボクシングはビジネス。家族のために戦う」と言っていただけに、いまだに信じられない。27戦全KO勝ちの完璧なレコードも、やり終えずに残された仕事のように見える。

 リングの上では悪魔のように強く、普段は一転して優しい紳士。日本のファンも魅了されたが、挑戦して敗れた本望信人と嶋田雄大、そしてスパーで対戦した日本選手たちも一様に衝撃を受けている。彼らは自分たちを打ちのめした男に畏敬の念を抱いていた。嶋田は試合直後に贈呈されたサイン入りのベネズエラ国旗を自分の部屋に飾り、「バレロと戦ったことは、自分の人生の財産」と語っていた。ただ強いだけでは、対戦相手からこれほどの尊敬を集められはしない。

南米のスラム街で身につけた無手勝流ボクシング。

 中南米のチャンピオンたちは、そのほとんどが引退後、数年で散財し、ある者は薬物中毒になる。バレロは「そういう愚かなことは絶対にしない」と断言したのに、まさか現役のまま、アルゲリョやモンソンら不慮の死を遂げたラテンの英雄リストに名を連ねるとは……。

 残念なのは、ボクサーとしての評価が永遠に定まらないことだ。欧米の専門家はテレビで見る機会が少ないバレロを高く評価したがらなかったが、超一流との対戦がなかったからといって、彼が超一流になれないとは言えない。たしかにボクシングは粗く洗練されてはいなかったが、誰が相手でも最後は倒す。たとえてみれば、正統派の剣の達人ではなく、木枯し紋次郎のような無手勝流。10歳に届く前から自立し、南米のスラム街で身につけたサバイバル術が基になっていた。

 これからファンは「連続KOがどこまで続いたのか」「パッキアオにも勝てたのではないか」と、死んだ子の歳を数えるように、バレロを思い出すしかない。

■関連コラム► ベネズエラの問題児はどこまで世にはばかるか。 (09/04/13)
► “リングの職人”の勇気ある挑戦。 (07/04/05)

関連キーワード
エドウィン・バレロ

ページトップ