ロンドン五輪、日本勢で最も“チーム力”を感じた競技は?

集計グラフを閉じる

 日本史上最多となる38個のメダル獲得に列島が沸いた、ロンドンオリンピック。メダルラッシュもさることながら、選手たちが見せた結束力、コンビネーションなどに心を打たれた方も多いのではないでしょうか。

 そこで皆さんにお尋ねします。
  今回のオリンピックで、最も“チーム力”を感じた競技は以下のうちどれでしょうか?
  理由とともにお選びください。

●アーチェリー女子団体
●体操男子団体総合
●競泳女子400mメドレーリレー
●競泳男子400mメドレーリレー
●バドミントン女子(藤井・垣岩組)
●フェンシングフルーレ団体
●卓球女子団体
●なでしこジャパン
●バレーボール女子
●その他

1-10件を表示 / 全34

すべて| アーチェリー女子| 体操男子| 競泳女子400mリレー| 競泳男子400mリレー| バドミントン(フジカキ)| フェンシング| 卓球女子| なでしこ| 女子バレー| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 競技前の評価・期待も高く、それを裏切らぬ結果も見事なファイナリストでした。

    選択肢の中では、サッカーとバレーがチーム競技で、以外は個人戦も成立する競技だったので、この二択としました。しかし、バレーもそうですが、皆さん、素晴らしかったです。

    たけまろさん2012/08/14 15:39に投稿

    7
    そう思う!
  • 北島にメダルを取らせようと、一致団結した力はすごかった。4人だけでなく、競泳日本代表27人の絆の力も感じた。

    ウォルフィさん2012/08/14 17:26に投稿

    7
    そう思う!
  • 「男子ボクシング」
    個人競技だが、その後出てくる記事を読んでいると、村田らが、お互いに気を使い合い、支え合っていた姿が見えてくる。それが44年ぶりのメダル・48年ぶりの金メダルと結果に繋がったことを見ると、目立ってないがチーム力・結束力を感じた。

    ogaさん2012/08/14 17:59に投稿

    7
    そう思う!
  • 全ての競技において、チーム力を感じたのは言うまでもありませんが、
    あえてその中で1つを挙げるとすれば、卓球女子です。
    理由は、個人戦では勝てない相手(シンガポール)に、チームとして結束し、3人のチーム力で勝てたからです。
    個人力×3の競技でありながら、個人で負ける相手にチームで勝つ。これこそが団体戦の醍醐味だと思います。

    つっきーさん2012/08/14 13:39に投稿

    5
    そう思う!
  • 本当に銅メダルおめでとうございます。中田、大林、吉原と継承してきたキャプテンの誇りを竹下が体現してくれました。竹下を中心に若手・中堅・ベテランが一丸となっていました。

    ゲルマンさん2012/08/14 17:50に投稿

    5
    そう思う!
  • 名言で選考するわけではないのですが・・・
    やはり、「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」という言葉に感動しました。

    もちろんなでしこも女子バレーもフェンシングも一体感を感じたのですが、数十秒間×4人が一瞬たりとも気を抜かずに全力を出すといった意味で、最もチーム力を感じました。

    昇竜さん2012/08/15 10:05に投稿

    4
    そう思う!
  • < 日本競泳チーム >

    競泳競技のフィナーレを飾る男子400mメドレーリレー。史上最高の銀メダルに輝いたレース後のインタビューでの、第一泳者・入江陵介のこのコメントが印象的でした。

    「27人で一つのリレーをしていると思っていました」

    基本的に個人競技である競泳が、男女を合わせた選手団全員のリレーでつながれている・・・今大会11個のメダルを獲得した日本競泳陣の躍進の秘密を見た気がしました。

    デュークNaveさん2012/08/14 19:47に投稿

    4
    そう思う!
  • ここで負けたらマイナースポーツに転落するという恐怖の中、ラスト2秒で逆転したドイツ戦など、彼らの勇気・執念を感じた。

    みっちーさん2012/08/14 23:47に投稿

    3
    そう思う!
  • 他も捨てがたいですけど、リレーってまさしくチーム力競技だと思うんです。
    サッカーやバレーは、もともと団体競技。
    バトミントンや卓球も基本的には競泳と同じ個人競技で、
    孤独な戦いがベースにはあるけど、個人的な感じ方としては、競泳のあのほんの1分かそこらの戦い、
    100分の1秒の戦いは、究極の孤独って気がします。
    それを4人で繋ぐという、まさしく「つなぐ力」を強く感じました。
    女子のリレーも感動したけど、やっぱりね、康介君にメダル取って欲しかった思いもあるから、
    他の三人の康介君への「思い」も感じたチーム力だったと思います。
    何度リピしても泣けますもの。

    mizukiさん2012/08/16 11:51に投稿

    3
    そう思う!
  • 「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかないぞ!」ってセリフには義侠心を感じたなぁ。これが日本男子だよ。

    でさぁ、「メダリストでも競技を続けられない?今こそ考えたい、スポーツ支援の形・・・」 こういう話題をこのコラムで言わせてほしいんだけどなぁ。

    俺はもう企業でってのはダメだと思う訳よ。儲けることしか考えてない人が多いんだから。協会が雇って競技を続けられる環境を提供しつつづけるべきじゃないかなぁ。それにバカみたいな高収入を提供することもないと思うなぁ。不自由なく暮らせてそれで後は公共交通機関は無料とか(議員は有料にしたらいい)で便宜をはかればいいと思うし、引退したら後進を指導すればいいんだし(有料で)。そういうシステムで回らないかと思うんだよねぇ。

    ミーハーな人気投票記事はナンバーではどうかなぁ。硬派な記事も期待してます。よろしく。

    伊藤 克也さん2012/08/27 19:48に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ