南アフリカW杯選手BACK NUMBER

フィオレンティーナ移籍後に本来の得点感覚を取り戻し、現代表でもエース格の働きが期待される。カバーエリアの広さと巧みなポストプレーを持ち味とする。

関連キーワード
worldcup2010イタリア代表

ページトップ