F1ピットストップBACK NUMBER

3人の戦略家が英国から指示を出す、
マクラーレンの恐るべき情報戦術。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/08/12 08:01

3人の戦略家が英国から指示を出す、マクラーレンの恐るべき情報戦術。<Number Web> photograph by Getty Images

ハンガリーGPで会心の勝利を飾って、降車した直後のハミルトン。指差した先に、マクラーレンのスタッフの笑顔がある。

「プランAからプランBに変更する」(ピット→バトン)

「現在、プランAのターゲットに入っている」(ピット→ハミルトン)

「プランBに変更する準備はできている」(ピット→ハミルトン)

 こうした無線がマクラーレンのレースエンジニアと2人のドライバーとの間で交わされていたのは、7月29日に行われた第11戦ハンガリーGPでのことだった。

 プランAとは2回ピットストップ作戦で、プランBは3回ストップ作戦だ。

 今年のハンガリーGPは、コンピュータでのシミュレーションでは、2回と3回はほとんど差がないものの、最後の最後で若干、3ストップのほうが先にフィニッシュできるという結果が出ていた。

 しかし、それはあくまで机上の計算。レースでのタイヤのパフォーマンスは始まってみなければわからない部分があり、それによってラップタイムは変わる。さらにシミュレーションは単独で走行した場合の計算。24台のマシンが一斉に走行するレースではコース上で異なるペースのマシンに出くわすこともある。そのため、チームは状況の変化に対応できるよう、あらかじめいくつかのレース戦略を立ててレースに臨む。ハンガリーGPでマクラーレンはプランA(2回ストップ)で2台をスタートさせ、バックアッププランとしてプランB(3回ストップ)を用意していたのである。

作戦参謀のストラテジストを3人も置くマクラーレン。

 こうした戦い方は、何もマクラーレンだけが行っているわけではない。どのチームも事前にいくつかの作戦を立てているし、それは2回か3回かというピットストップ作戦だけでなく、セーフティカーが導入された場合にピットインするかどうかも、周回数ごとに細かく決めてレースに臨んでいる。

 マクラーレンが独特のアプローチでレースに臨んでいるのは、そのレース戦略を立てる「ストラテジスト」と呼ばれるスタッフが3人もいることだ。

 バトンに1人、ハミルトンに1人、そして2人を監視するチーフが1人。2人のストラテジストがベストな戦略をそれぞれの担当のレースエンジニアに伝え、最終的にレースエンジニアの判断によって、採用するかどうかが決定される。

【次ページ】 サーキットから遠く離れたイギリスから戦略の指示を。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マクラーレン
ルイス・ハミルトン
ジェンソン・バトン
ロータスF1チーム
アンディ・レイザム
ロマン・グロージャン
ハンガリーGP

ページトップ