ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。
対照的だったロンドンまでの道のり。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/08/10 11:55

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。対照的だったロンドンまでの道のり。<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

「北京からの4年間、いろんな事があって。負けを知って、また強くなれたかなと思います」と語った吉田(写真右)。「リオへの4年もあっという間だと思う」と語った伊調(写真左)は、前人未到の4連覇も匂わせた。

 8月8、9日に行なわれた女子レスリングの4階級で、日本は3つの金メダルを獲得した。

 中でも、8日の63kg級で優勝した伊調馨、9日の55kg級優勝の吉田沙保里は、五輪3連覇達成である。3度目の金メダルもさることながら、両者は安定した強さを見せ、女王たるところを示した。

 結果も内容も共通する。しかし、ロンドンまでの道のりは対照的だった。

ロンドン五輪には、アテネ、北京とはまったく異なる伊調馨がいた。

 楽しそうだな。

 決勝戦のあと、そんな風に感じさせる笑顔でスタンドの声援に手を振ってこたえた伊調。彼女にとってロンドンでの金メダルは、これまでの2つの五輪とは大きく意味合いの異なるものとなった。

 驚くべきは、アテネ、北京五輪の時とのスタイルの違いである。

 かつての伊調のスタイルは、受けの強さをいかし、相手の攻撃を切り返して勝利するものだった。だが、ロンドンではそうではなかった。積極性あふれるレスリングを展開したのだ。しかも、技が驚くほど多彩だった。

 このスタイルの変化は、金メダルを目指す上での必然と言えた。

伊調は北京五輪の連覇後、現役を引退しようと考えていた。

 今から4年前。

 北京五輪で金メダルを獲った翌日、伊調は引退を示唆した。

 伊調にとっては、姉の千春とともに打ち込んでいるからこそのレスリングだった。姉が北京で一線から退くつもりでいることを知り、なら自分も、とレスリングへの意欲を失ってしまったのだ。

 北京後、そのまま休養に入っていた伊調だったが、しばらくして復帰することになった。レスリングに戻るにあたっては、中京女子大学(現至学館大学)に拠点を移すことにした。

 そこでの出会いが、伊調を変えた。

【次ページ】 ロンドン五輪直前に、足首のじん帯を切っていた伊調。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
伊調馨
吉田沙保里
伊調千春
景瑞雪
栄和人
ワレリア・ジョロボワ
マーティン・ダグレニアー
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ