日本代表の軌跡BACK NUMBER

 仏W杯のアジア地区出場枠は3.5。日本は最終予選B組を2位で終え、イランと第3代表決定戦を戦った。

 試合は、日本が先制するも後半、アジジとダエイのゴールで逆転される。だが後半18分、岡田監督は三浦知、中山に代え、城と呂比須を一挙投入。これが功を奏し、城のゴールで同点。

 そして延長後半終了間際、中田英のミドルを相手GKが弾いたところを、途中交代の岡野がスライディングで押し込みゴールデンゴール。W杯本大会初出場を決める。フジテレビ生中継の視聴率は47.9%に上った。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード

ページトップ