日本代表の軌跡BACK NUMBER

 日本は巧みなパス回しを見せたが、決定的なチャンスはカズのヘディングシュートなど数えるほど。逆に、イランは日本の左サイドを執拗に攻め、前半ロスタイムにセットプレーから先制。さらに試合終了5分前、カウンターからダエイがダメ押しの2点目を決める。

 3分後、途中出場の“スーパーサブ”中山がゴールライン際、角度のないところから劇的なゴールを決めるもホイッスル。

 日本は2試合を終えて勝ち点1。6チーム中、5位に転落した。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード

ページトップ