Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<俺の話を聞け!> ルーニーは「ジダン」になれるのか。 ~イングランドを牽引する“恐るべき大人”へ~ 

text by

鈴木英寿

鈴木英寿Hidetoshi Suzuki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/05/27 06:00

<俺の話を聞け!> ルーニーは「ジダン」になれるのか。 ~イングランドを牽引する“恐るべき大人”へ~<Number Web> photograph by Getty Images
オーウェンが去り、ベッカムを欠くイングランドで、ルーニーは
チームの大黒柱として南アに臨む。
豪快さが売りのFWの目標は、意外にもMFのジダン。
大人になった悪童が、絶対的なピッチの支配者を目指す。

「優勝を狙える戦力だ」

 屈辱のベスト8で終わったドイツ大会から4年。すっかりイングランド代表の顔に成長したウェイン・ルーニーは、南アを戦うチームへの期待感に満ちている。ジェラード、ランパード、テリー、ファーディナンドらイングランドの主力は、いずれもがこの4年を経て選手として円熟期を迎えているからだ。

「主力選手はこの数年の欧州CLで経験を積んだ選手ばかり。戦力だけみれば最低でもベスト4は堅いと思う」

 とりわけ、当のルーニーの成長には目を見張るものがある。サー・ボビー・チャールトンをして「ルーニー不在のイングランドは、平均的なチームになってしまう」と言わしめるほどだ。確かにルーニーの決定力は際立っている。予選では9試合9得点の活躍で、イングランドを南アへと導いた。

 また今季のプレミアリーグでは、PFA(プロサッカー選手協会)とFWA(フットボール・ライター協会)の年間MVPをダブル受賞。得点王こそチェルシーのドログバに譲ったものの、自身最高となる26得点は、文句のつけどころがない立派な数字だ。

フランスW杯、ジダンに釘付けになった12歳の少年。

 ところが、本人の言葉は実に控えめだ。

「自分が絶対的なエースだなんて、これっぽっちも思ってない。ちょっとでも調子を落としたり怪我をしたりすれば、スタメンの座を奪われてしまう」

 デビュー当時の悪童っぷりからは想像できない謙虚な姿勢。それもそのはず、いまのルーニーには明確な目標があるからだ。

 今季開幕前の『タイムズ』紙のインタビューで、ルーニーは「真の偉大なフットボーラー」になると語った。

「そうだね、確かにそう話したよ。偉大というのはジダンのこと。チームが苦しい時にこそゴールを決める、ジダンのような選手になるって誓ったんだ」

 ルーニーがジダンを知ったのは、'98年フランスW杯でのことだ。リバプールの自宅で家族とともにテレビ観戦した12歳のルーニーは、この大会でまばゆい輝きを放ち、フランスを初の世界王者に導いた司令塔のプレーに釘付けになった。2人の邂逅はそれから6年を待つことになる。

【次ページ】 “偉大なフットボーラー”の凄みが試合を変えた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ウェイン・ルーニー
ジネディーヌ・ジダン
南アフリカW杯

ページトップ