南アフリカW杯出場国BACK NUMBER

  本大会までの道のりは平坦ではなかった。予選開始から不安定な戦いが続き、一時は予選敗退も濃厚かと思われたが、最終戦でチュニジアが敵地でモザンビークに敗れたことにも救われ、なんとか南アフリカへの切符をつかんだ。攻撃陣を牽引するのは、最終戦ケニア戦2得点で逆転勝利に貢献したマルティンス。欧州で活躍するタイウォやミケルなども、チームに欠かせない存在だ。ただし、試合ごとにチームスタイルが変わり、安定感を欠いた点は懸念材料だろう。予選で指揮を執ったアモドゥ監督からチームを引き継いだスウェーデン人監督ラーゲルベックの手腕に期待がかかる。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ

ページトップ