SCORE CARDBACK NUMBER

引退後の定位置も確保?
衰えぬデル・ピエーロ人気。
~ピッチ内外から相次ぐオファー~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/08/06 06:00

復興支援試合で、後半25分に左足で25mミドル弾を決めて祝福されるデル・ピエーロ(左)。

復興支援試合で、後半25分に左足で25mミドル弾を決めて祝福されるデル・ピエーロ(左)。

 Jリーグの東日本大震災復興支援試合に出場した元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエーロ。試合後半には左足でミドルシュートを決め、「被災者の方々を力づけることができたと思う」と喜びの表情を見せた。

“デル・ピエーロが日本で震災復興に貢献”というニュースは母国イタリアでも報じられた。彼は震災直後から自らの公式HPを通して、その売上を寄付するTシャツ販売を行なうなど日本を支える姿勢を見せ続けている。震災直後にはイタリアサッカー界全体が支援活動をしたが、それから1年半が経とうとしている今は震災報道も徐々に減少。そんな中、変わらずにデル・ピエーロが見せている支援には賛辞の声も多い。

 すでにユベントスを退団した彼はカシマでの試合後に「今後もプレーを続けたい」と語っており、現役続行を希望している。米国やアジアなど、37歳になった今も世界中からオファーが届くが、ピッチ外でも引く手数多だ。

イタリアの有料TV局がチャンピオンズリーグの解説を打診。

 そのひとつが、テレビ解説者としてのオファーだ。

 イタリアの有料TV局「Mediaset」はデル・ピエーロに来季のチャンピオンズリーグの試合解説を打診。同局スポーツ部門責任者のロニョーニ氏は「以前に出演してもらったときもそうだったが、デル・ピエーロは出演の度に視聴者に大きなインパクトを与えている」とその人気に太鼓判を押す。

 イタリア国内では元イタリア代表FWのジャンルカ・ビアリが「Mediaset」のライバル局「Sky Italia」の人気解説者となるなど、各局にとって人気のある元選手との契約は視聴率獲得の面でも不可欠。フランチェスコ・トッティやフィリッポ・インザーギなどの人気選手には、引退前から各局がアプローチするほどだ。

「Mediaset」は「デル・ピエーロには火曜日と水曜日のCL中継に出演してほしい。現役を続けても、例えばイングランドだったら出演も十分に可能だ」と本気の姿勢を見せている。

 ピッチ上のプレーだけでなく、その人間性も国内外で多大な支持を受けているデル・ピエーロ。引退か現役続行か、どんな決断を選択しても、彼がイタリアサッカー界の人気者であり続けることは変わらないだろう。

関連コラム

ページトップ