最も記憶に残る夏季五輪は?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 選ばれしトップアスリートが栄光を目指す、4年に一度のスポーツの祭典・オリンピック。過去にも私たちは、数多くの興奮と感動のシーンを目撃してきました。

  そこで皆さんにお尋ねします。
  最も記憶に残る夏季五輪は、どの大会ですか?  その理由、また印象的な場面とともにお答えください。

●'72年 ミュンヘン大会
●'76年 モントリオール大会
●'84年 ロサンゼルス大会
●'88年 ソウル大会
●'92年 バルセロナ大会
●'96年 アトランタ大会
●'00年 シドニー大会
●'04年 アテネ大会
●'08年 北京大会
●その他

※'80年のモスクワ大会は、日本が不参加のため選択肢からは省きましたが、「その他」で書いていただいてももちろん構いません。

1-10件を表示 / 全41

すべて| 1972年ミュンヘン| 1976年モントリオール| 1984年ロサンゼルス| 1988年ソウル| 1992年バルセロナ| 1996年アトランタ| 2000年シドニー| 2004年アテネ| 2008年北京| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • すべての大会に思い入れはあるけれど、この大会があらゆる意味で衝撃的だったので。
    開会式の「ロケットマン」に始まり、カール・ルイスの全盛期の走りがあり、森末・具志堅・斉藤選手の金メダルがあり、山下選手とラシュワン選手のフェアな名勝負があり、女子マラソンのアンデルセン選手がフラフラになりながらゴールしたというのもあった。
    今のオリンピックにおける商業主義がスタートしたのもこの大会からであるし、そういう意味ではエポックメイキングな大会なのではあるまいか?

    赤鯱と梟さん2012/07/26 19:04に投稿

    7
    そう思う!
  • 大会というより、これです。

    「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」

    男子体操団体、最終種目の鉄棒の日本の最終演技者は、エース冨田洋之。モントリオール大会以来28年ぶりの団体での金メダルがかかっていました。コールマンなど難しい離れ技も鮮やかに決め、最後の下り技。この時に放たれたNHK・刈屋富士雄アナの、このスポーツ史に残る名実況。着地をピタリと決めた冨田の控えめのガッツポーズとともに、目と耳に焼きついています。

    デュークNaveさん2012/07/26 18:55に投稿

    5
    そう思う!
  • おそらく日本人アスリートの活躍が目立った五輪がチョイスされると思いますが、私はロサンゼルスですね。

    何と言っても、「ロサンゼルス公式アルバム」が出されて耳にタコが出来るくらい聞いたことを覚えています。

    競技ではアメリカ一色でした。トラックではカール・ルイスやジョイナー、室内ではメアリー・ルー・レットンが体操女子で大活躍でした他にもモーゼスやボクシングのホリフィーツドなど。
    ニッポンは、柔道の山下・斉藤や体操の具志堅・森末やレスリングといったお家芸競技での金銀銅獲得、団体でも女子バレーの銅メダル、そして公開競技の野球で金メダルを取ってますよね。ニッポンのメダルには感動シーンが記憶に残っています。(メダル取る時は付き物です)
    今ほど、女子の競技や競泳陣の活躍はなかったと記憶しています。
    他国では、ベン・ジョンソンや西ドイツ競泳のグロスや中国体操の李寧が記憶に残っています。

    しぶちゃんさん2012/07/26 19:09に投稿

    4
    そう思う!
  • やはり日本とほぼ同時刻帯で開催されたソウル、シドニー、北京の三大会が印象に残っていますが、一番印象深かったのはシドニーです。南半球での開催で季節が北半球と正反対のため、通常より時期が遅れた9月に開催されたことも印象深くなった要因の一つです。
    この大会以後強烈な印象を残していくことになる地元オーストラリアの英雄イアン・ソープの登場は鮮烈でしたし、マラソンの高橋尚子選手の金メダルにも感動しました。

    モータムさん2012/07/26 19:55に投稿

    4
    そう思う!
  • 鈴木大地さんのバサロが忘れられません。

    たけまろさん2012/07/26 21:19に投稿

    3
    そう思う!
  • いまでも耳に残るフレディ・マーキュリーの「バルセロナ」(本番では残念ながらホセ・カレーラスだったか)。
    古賀・吉田・岩崎の金。有森・森下の銀。そして田村の“まさかの”銀。
    それぞれのドラマ、選手のメダル獲得後のコメントが、今でもしっかりと思い出される。
    また、カール・ルイス、ジョイナー、デ・ラ・ホーヤ、バスケ・ドリームチームらのスター選手の期待通りの活躍はまさに夢のようだった。
    そういえば体操のシェルボがほとんどの種目で金を取ったのも、この大会だった気がする…。
    自分が学生の頃で、よくTVで観ることができたからかもしれないが、オリンピックといえばバルセロナが頭に浮かぶ。

    りゅうさん2012/07/27 12:45に投稿

    3
    そう思う!
  • メダルラッシュだったから。

    tklさん2012/07/27 15:47に投稿

    3
    そう思う!
  • 体操や柔道など感動して、たくさん記憶に残る物はある。
    けど、初めて泣いたのが前回北京のソフトボール決勝!!

    宇津木さんの解説
    最後のサードゴロで
    「よし!よし!よし!やったー!」
    で泣かされた。

    解説じゃないし。笑
    感想やし。笑

    でも泣いたな~
    今見てもまだジンワリきます。

    宇津木さんの思いとか
    ソフトは北京が最後とか
    考えれば考える程泣けてくる

    だから一番です!

    yanaさん2012/07/31 16:42に投稿

    3
    そう思う!
  • 体操と野村と谷亮子と北島の印象が強すぎます

    iottyさん2012/07/27 17:31に投稿

    2
    そう思う!
  • やはりコレ!

    1980年のモスクワオリンピックを政治的理由でボイコットしたので、8年ぶりのオリンピック。
    日本でもバブル景気が始まるころで、自分も大学生。
    近代化の象徴でもあるロケットマンの出現は、「2001年宇宙の旅」まで17年もあるので、軽く実現可能だ!と思った記憶がある。

    カール・ルイスという不世出のスーパー・スターが現れ、まさに未来への希望に満ちあふれた、夢のようなオリンピックだった。

    バイトの合間に後輩の部屋で声を枯らして応援をしたのは、とても楽しい記憶。

    昇竜さん2012/07/27 19:06に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ