私とDo 特別編BACK NUMBER

<私が山に登る理由> 山好きのバイブル・山と溪谷編集部のみなさん 「自由を楽しむ山の達人たち」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/07/26 06:00

<私が山に登る理由> 山好きのバイブル・山と溪谷編集部のみなさん 「自由を楽しむ山の達人たち」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki
「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」と問われ、「そこに山があるから」と答えたのはイギリスの登山家、ジョージ・マロリー。では、現代の山好きたちはこの深遠なる問いに何と答えるのか。

今回、雑誌Number Do『大人の山登り。~ゼロから楽しむ入門編~』よりご紹介するのは、登山家のバイブル「山と溪谷」編集部のみなさん。横尾絢子さん(タイトル写真)、神谷浩之さん、大畑貴美子さんの3人に「山に魅せられた理由」を伺いました。

 ときどき「横尾さんは登山家じゃなくて下山家だね」って言われるほど、登りより下りのほうが好きなんです。私の場合は下るために登るみたいなところもありますね。元々高校時代はワンダーフォーゲル部で、ず~っと夏山ハイクばかりをやってきて。

山スキー担当の横尾さんは「寒いのは苦手(笑)」。

 それが4年くらい前に旦那と山スキーを始めたら、完全にハマってしまいました。普段の登山って植生もあるので登山道から外れないように注意しますよね。でも冬山だと雪に覆われているから、どこを歩いても、どこを滑ってもいいわけです。その分、どこに雪崩の危険があるかとか、崖はないかとか、危険を判断してルートを決めて滑る。自由だけど、それだけ自己責任は高まります。

 だから学びたいことがたくさんある。その奥深さが楽しい。私は山小屋に泊まって、今日はあのルート、明日はあのルート、って色々な斜面に出かけていますが、いつかは荷を担いで縦走もやってみたいですね。あ、あと春スキーは寒くないのでオススメです。私冷え症で、寒いの苦手なので(笑)

              ◇    ◇    ◇

◆横尾絢子さんへのQ&A
34歳、入社2年目。山スキー担当。

Q1 登山歴は?
A1 17年
山好きの母の勧めで高校でワンダーフォーゲル部に入部したのがきっかけです。

Q2 登山の頻度は?
A2 月1~2回
冬はリフトのシーズンパスを買ってゲレンデ通いをしながら、たまに山に入ります。

Q3 初めて登った山は?
A3 多分丹沢の大山
あまり覚えてないのですが、一番古い記憶は小さい頃に登った丹沢の大山です。

Q4 あなたのこだわりは?
A4 スキー板です
テレマークスキーという、つま先だけ固定する板を使って滑っています。

Q5 あなたの「一名山」は?
A5 青森の八甲田山
スキーのルートがたくさんあるので、何度行っても違った楽しみ方ができます。

【次ページ】 神谷さんが沢登りを愛する理由は「自由」だから。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
私の「山」論

ページトップ