Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ジェフを支える佐藤勇人と山口智。
2人が見据える新たなスタートライン。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/21 08:02

ジェフを支える佐藤勇人と山口智。2人が見据える新たなスタートライン。<Number Web> photograph by AFLO

ジェフユナイテッド千葉がJ2へ降格した2010年から再びプレーしている佐藤勇人。J2初年度は、J1自動昇格となる3位アビスパ福岡と勝点8差で4位。翌2011年シーズンは3位コンサドーレ札幌とは勝点10差の6位だった。

 7月8日、プレシーズンの「ちばぎんカップ」以来、約半年ぶりに見た佐藤勇人は、身体の線が少し細くなったような気がした。しかし試合後、「絞った?」というこちらの問い掛けに対して返って来たのは、少し意外な答えだった。

「いや、実は2週間くらい前に胃腸炎になっちゃって(笑)。今年はケガもあって、いろんなストレスかなんかで体重も減っちゃって、ちょっと苦しかったですね。絞ったように見えるのはその影響だと思いますよ。でもまあ、ようやく体調も戻ってきたところです」

 この日、ジェフユナイテッド千葉は京都サンガに競り勝ち、首位大分トリニータと勝ち点差1の2位に浮上した。試合終盤の2失点はいただけないが、ある意味、J2の舞台に似つかわしくない攻撃的なスタイルを貫く京都に打ち勝ったことは、千葉にとって勝ち点3以上の意味を持つ90分間だったに違いない。

 しかし、彼らにとってはこの時期に手放しで喜べる結果などない。ミックスゾーンで「今年はいけそうだね」というダイレクトな表現を飲み込んで「今年は手応えを感じているのでは?」と問い掛けると、佐藤は予想どおり「いや」と否定した。

佐藤が掲げた「ジェフをJ1に戻す」目標は、はや3年目。

「まだまだです。1年が終わって、昇格が決まってからじゃないと話にならない。まだ何も達成していないですからね。それは、この2年で痛いほど思い知らされてきたことなので。まだうまくいかないストレスを感じているし、やっぱり結果が出てからじゃないとこのストレスからは抜け出せない。だから、まだまだです」

 この試合を観て、千葉はようやくJ1昇格を目指すスタートラインに立ったと感じた。とはいえそう感じたのは、J2降格を余儀なくされてから3年目で初めてではない。むしろもう、何度目にもなる。

 2009シーズンのJ1最下位という結果を受けて、千葉はJ2に降格した。あれから時間は流れ、「1年でのJ1復帰」を掲げた千葉のJ2戦記はいつしか3年目に突入している。降格1年目の2010シーズン、「自分を育ててくれたジェフをJ1に戻す」という並々ならぬ決意で古巣に戻って来た佐藤のプライドは、いったい何度粉々に打ち砕かれたのだろう。

「正直、もっとイメージどおりに、自分の描いたとおりに事が進むと思っていました。でも、1年目、2年目とうまくいかなくて、3年目を迎えた今となっては、自分に対して『何やってんだ』という思いがあります。そうですね、やっぱり苦しかったですね。ただ、誰にも相談することなく、自分で決めた京都への移籍、自分で決めたジェフへの移籍だったので、結局自分で解決しなきゃいけないことも分かっていました」

【次ページ】 「『俺はこんなもんなのか?』と常に自分に問うてきた」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
佐藤勇人
山口智
ジェフユナイテッド千葉

ページトップ