リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

ビラノバ監督と正式契約したバルサ。
新たな戦術、選手起用はあるのか? 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/30 08:01

ビラノバ監督と正式契約したバルサ。新たな戦術、選手起用はあるのか?<Number Web> photograph by Getty Images

ユーロ準々決勝まで全試合フル出場を続けるアルベロア。昨季レアルでも26試合先発とスタメン右SBとしてコンスタントに活躍した。

 ユーロばかりが話題になってきた6月だが、裏ではリーガも粛々と動いている。シーズンオフはチーム強化の季節だ。

 6月15日にはバルサが来季に向けた最初の契約成立を発表した。

 といっても相手は選手ではなく、昨シーズン終盤に指名済みのティト・ビラノバ。2年契約の内容に両サイドがようやく合意し、契約書にサインが為されたことを明らかにしたのだ。

 ただ同日、就任会見を行なったビラノバは、その場で今夏の補強計画について語っている。

 新監督によると、バルサはファンペルシやネイマールの名前と共に噂されてきたフォワードの獲得は考えておらず、Bチームから4人を引き上げる他は、センターバックと左サイドバックを獲るだけだという。クラブ財政に余計な負担をかけず、一方で昨シーズン以前との連続性を大事にする賢明な判断だ。

バルサのサッカーに必要なサイドバックの資質とは?

 ただし、バルサにとってこの両ポジションの補強は簡単なことではない。どちらも戦術的に非常に重要なポイントなので、守備が巧いだけでなく、一定の条件を兼ね備えた選手を探してこなければならない。

 現在バルサに最も近いサッカーをするチームのひとつであるスペイン代表を見ても、特殊なプレイスタイルとの適合性が問題になることがよくわかる。

 右サイドバックのアルベロアである。

 セルヒオ・ラモスがセンターバックに廻ったことから先発起用されるようになった彼は、レアル・マドリーのリーガ制覇にも貢献した優れたディフェンダーだ。代表キャップ数も40を越える。

 だが、リードしている状況での交代出場ならともかく、いまの代表で先発するには、アルベロアには足りないものがある。

 ではバルサ風のポゼッションサッカーをするとき、サイドバックはどういうプレイをするべきか。

【次ページ】 90分間走り続けて敵陣をかき回すアウベスがお手本に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
アルバロ・アルベロア
ティト・ビラノバ
ダニエウ・アウベス
ジョルディ・アルバ

ページトップ