私とDo 特別編BACK NUMBER

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド~登山のトラブル解消編~ 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/06/28 19:00

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド~登山のトラブル解消編~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

短時間で効率的にエネルギー補給
165kcal、バナナ2本分のエネルギーを瞬間補 給できるジェルドリンク。ワンセコンドCCD (クリアレモン)\200 /江崎グリコ

A. エネルギー不足! 早めの補給を心がけよう。

 登山に欠かせない栄養成分といえば“エネルギー”。これは身体を動かす原動力で、車に例えればガソリンみたいなもの。だが、実はおにぎりなどの昼食やヨウカン、飴といった行動食でエネルギー補給は簡単にできる。

 注意したいのは補給のタイミング。「お腹が空いた」と思うのは血液中の血糖値が下がり、エネルギー不足になった合図。そこで我慢をすると筋肉に乳酸が溜まり、一気に疲れやすくなる。昼食や行動食は我慢せずに早めに摂取したい。

●解決策は3つ!
2~3日前から炭水化物を増やす
登山数日前から炭水化物を多く摂取することで、体内のエネルギーを満タンにしておく。
お昼は早めにとる
時間に縛られるのではなく、お腹が空いてきたなと思ったら昼食を摂るようにしよう。
小腹が減ったらジェルドリンクを
吸収のいいジェルドリンクは行動食におすすめ。軽く、携帯性に優れているのも魅力。

1本に必須アミノ酸4000mg配合
疲れた身体をリフレッシュさせるレモンスカッシュ味。おいしいアミノ酸 必須アミノ酸 スティックパウダー(10本入り)\1,890

A. しっかりとアミノ酸を摂ること。

 楽しい山登りだが、身体への負担は意外と大きいもの。そのダメージを最小限にとどめるために摂取したいのがアミノ酸。必須アミノ酸と呼ばれる、体内で作ることのできない9種類のアミノ酸を、下山後に飲むといい。泊まりで登山に出かけたときは、現地で寝る前などに補給しておくといいだろう。

【次ページ】 TROUBLE<3> 筋肉痛がひどい!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私の「山」論

ページトップ