Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<トゥーロン国際密着ルポ> 宇佐美貴史 「敗戦はロンドンのために」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/06/29 06:00

<トゥーロン国際密着ルポ> 宇佐美貴史 「敗戦はロンドンのために」<Number Web> photograph by AFLO
ロンドン五輪で活躍が期待される選手に焦点を当て、Number誌上で
発表してきた特別連載「LONDON CALLING~ロンドンが呼んでいる~」。
五輪開幕まで1カ月を切ってカウントダウンが始まったこの時期に、
いよいよNumber Webで一挙公開していくことになりました!


第1回は、6月7日発売のNumber805号より、
サッカー五輪代表候補の宇佐美貴史選手。
五輪前最後の大会となった5月のトゥーロン国際。逆境のなかで
輝きを放った男が掴んだ、五輪への手応えと不安要素とは。

 トゥーロン国際大会、グループリーグ最終戦のエジプトに敗れ、決勝トーナント進出が断たれた瞬間、宇佐美貴史は、そのままピッチに倒れ、大の字になった。大津祐樹もその場に座り込み、東慶悟は腰を折ったまま、しばらく姿勢を起こせなかった。ベンチの選手たちは、複雑な表情を浮かべて、ピッチを見つめている。それぞれの思惑が交差し、終戦と相俟ってピッチ上は、何とも言い難い微妙な空気が漂っていた――。

「今大会で、選手を見極める」

 大会前、関塚隆監督は、そう宣言していた。欧州のチームを相手に誰が、どのくらい戦えるのか。A代表組の清武弘嗣、酒井宏樹、権田修一らをのぞく全員がその対象になった。

 そのサバイバルレースから頭ひとつ抜け出したのが、宇佐美貴史、高木善朗、齋藤学のアタッカートリオである。

 初戦のトルコ戦、最終予選を戦ってきた国内組中心のチームは、相手の球際の激しさに腰が引け、まったくいいところを見せられず、0-2で完敗した。腑甲斐ない戦いに業を煮やした関塚監督は、つづくオランダ戦、GK安藤駿介、鈴木大輔と扇原貴宏以外8人の選手を入れ替える荒療治に出た。そこで3人は勝利に貢献し、アピールしたのである。

「バイエルンでの鬱憤を晴らす気持ちでやっています」(宇佐美)

 とりわけ、宇佐美の活躍は圧巻だった。

 オランダ戦で指宿洋史のゴールをアシストし、つづくエジプト戦では2ゴールを決めた。1年2カ月ぶりの代表でのプレーだが、清武らエース不在のチームにあって、キラ星の如く眩い輝きを放ったのである。

Takashi Usami
1992年5月6日、京都府生まれ。'09年、ガンバ大阪のトップチームに飛び級で昇格し、17歳でクラブ史上最年少デビュー。'10年には7得点を挙げ、新人賞を獲得。さらに翌年にはA代表にも招集され、同年7月にバイエルン・ミュンヘンへ期限付きで移籍するも1年で退団。今夏から、再びガンバ大阪からの期限付き移籍でホッフェンハイムに加入した。178cm、70kg

「ボールを持ったら前を向いて、ドリブルで仕掛け、点に絡む。それを率先してやることが自分の役割やと思っていたし、今回、流動的にプレーしたのもサイドに固定されてボールに触れられないよりは、サイドや真ん中に動いてボールに触れた方がリズムを作りやすいと思ったから。自分はボールに触れてナンボの選手やし、バイエルンでは簡単にボールをもらえない環境やったんで、その鬱憤を晴らす気持ちでやっています」

 ニヒルな笑いを浮かべた宇佐美だが、高木、齋藤、指宿らとの連係は、とても初めてとは思えないものだった。

「チームはポゼッションをしながらラインを上げてたけど、相手からボールを奪った時の話はしてない。でも、奪ったら自然とスピードアップしてショートカウンターみたいになった。欧州でプレーしている選手が多かったんで、そういうスタイルが自然と身に付いて出たんやと思う。学くんとも初めてやったけど感覚が似ていたんで、楽しかった」

【次ページ】 ピッチ内外で以前とは違う一面を見せた宇佐美。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
宇佐美貴史
高木善朗
関塚隆
齋藤学
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ