Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<“五輪から3カ月”特別連載(2)> クロスカントリー・夏見円 「自分らしくスタートに立つ!」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/05/18 06:00

<“五輪から3カ月”特別連載(2)> クロスカントリー・夏見円 「自分らしくスタートに立つ!」<Number Web> photograph by Shino Seki

 レース後、周囲が「大丈夫か」と心配するほど、消耗した表情で涙を流していたのは2月のこと。そして、4月の札幌市内。

 現れたクロスカントリーの夏見円は、バンクーバー五輪をひとことでこう表した。

「うーん、いまいちでしたね」

 そして、大会を振り返り始めた。

 3度目のオリンピックは、満足のいかない成績に終わった。

 その一方で、ようやく光の見えた大会でもあった。

 先駆者。

 スプリント競技で活躍する夏見は、しばしば、そう呼ばれることがあった。

 2度目のオリンピック出場の2006年トリノ五輪では、チームスプリントで日本のクロスカントリー史上初となる8位入賞。

 '07年札幌世界選手権ではスプリントで5位。オリンピック、世界選手権を通じ、やはり史上最高の成績だった。

 そして'08年2月、スウェーデン・ストックホルムのワールドカップで快挙を成し遂げる。3位となったのだ。むろん、日本選手として初めてのことだ。

 夏見は、日本のクロスカントリーのスプリントの位置を引き上げてきた第一人者である。

体調不良を克服し、上向き調子で3度目の五輪に挑んだ。

 国際大会で実績を積み上げて臨む3度目のオリンピック、バンクーバー五輪は、注目と期待を集めて臨む大会となった。

 夏見自身も同じだった。だから、こう口にしてきた。

「メダルを獲りたいです」

 抱負を口にしつつも、五輪シーズンを迎えるにあたり、実は苦しみ続けていた。'08-'09年のシーズンから、体調不良に悩まされていたのだ。練習はうまくいっても、試合前になると、なぜか熱を発するなど体調を崩すことが毎回続いた。ワールドカップで一桁の順位を記録したのは一度だけに終わった。

 体調不良は五輪シーズンになっても続き、成績はさらに下降していた。本来の走りには程遠かった。

 オリンピックは近づいてくる。

 年が明けると、ふいに、体調の回復のきざしを感じた。

「昨年末に海外遠征から帰ってきたあと、あまり練習をしなかったのですが、休んだからなのか、1年経ってようやく解決したのか、理由はよく分からないけれど体の疲れがふっと抜けて。ああ、やっと戻ってきたなって」

 練習でも調子が上がったのは実感できた。自分自身に手ごたえを得て、いよいよオリンピックが開幕する。

【次ページ】 「わくわくして眠れなかった」スプリントで27位と惨敗。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
夏見円

ページトップ