マンUの香川真司は、ゴールorアシスト、どちらでより活躍するか?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 マンチェスター・ユナイテッドへの正式移籍が決まった香川真司選手。
  ファーガソン監督のもと、どのポジションで起用され、どんな役割を与えられるのか、非常に気になるところです。

  2011-2012シーズン、ブンデスリーガで13得点、9アシストを記録した香川選手。
  では、プレミアリーグの舞台において、ゴールorアシスト、どちらでより活躍する姿をイメージしますか?

●ゴール    ●アシスト

1-10件を表示 / 全38

すべて| ゴール| アシスト|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • ポジション的に得点出来ないと、アシストも出来ないと思う。

    Ten4さん2012/07/03 19:36に投稿

    11
    そう思う!
  • 6試合 1ゴール1アシスト
    アンチではないけど、活躍といえるほどのイメージはまだ浮かばない
    裏切ってくれるといいね

    hdsokbさん2012/07/03 15:06に投稿

    8
    そう思う!
  • 勿論期待するのはゴールだけど、結果的にはアシストが上回るんじゃないでしょうか。

    課せられるポジションや周囲の選手起用によって、結果は大きく左右されると思いますが、ポストプレーもこなしてくれるルーニーからはアシストを頂戴出来るかもしれませんが、ウェルベックやチチャリート辺りにはアシストを要求されるでしょう。それとギグスやキャリックからの攻撃の構築ではトランジットとなる役割が与えられるだろうから、やはりフィニッシュまで届く前に確実性を優先してアシストすることが増えそうな気がします。

    香川がどういうタイプか、周囲が理解すれば、その結果としてゴールシーンも増えるでしょう。後は、いくら現代的パスサッカーに進むとはいえ、プレミアはカウンターや中距離からの攻撃も多く、ペナルティエリア内でこそ真価を発揮する彼にとっては、まずドルトとは違うことを彼自身が認識することが先決でしょう。

    とらかぶとさん2012/06/28 09:09に投稿

    6
    そう思う!
  • ゴール

    ポジションがセンターの1.5列目と仮定すれば、
    当然ゴールが求められる。
    香川のすごさはファーストタッチのボールの受け方にあると思います。
    相手DFの届かないところにボールを置き、トップスピードにすぐなる。
    結果として、DFを振り切り、GKと1対1に近い状況を作り出す。
    この状況でゴールとアシストのどちらを選択するかといえば、
    ゴール以外に考えられないでしょう。
    ただ、ファーギーがサイド(左?)で使う可能性もあると思います。
    その際は、アシスト中心となるでしょう。
    けど、日本代表で香川が苦戦しているように、
    香川が最も生きるのはトップ下だと思う。
    よって、ゴールです。

    JOEさん2012/07/01 05:22に投稿

    6
    そう思う!
  • ブンデス仕様なら、という前提(希望的観測)でゴール主体に。まぁマンUが彼の獲得を決めたのはおそらくドルトムント>日本代表だろうということで、これまで明確な形では存在しなかったトップ下(4-2-3-1)を本格的にやろうとしているんじゃないかと。まあファーガソン御大は常に観衆の見通しの斜め上を行く人なので、やるとしたらルーニーの配置転換ぐらいは考えているかもしれない。となればトップ下・香川はありうるし、ヤング&ナニ(orバレンシア)との高速トリオ第二列、ウェルベックやチチャとの中央コンビネーションなどは想像するだけでもワクワクする…うまくいけばの話だけど。

    ただ、日本代表仕様でサイド起用となると、逆に上記の面子はそのままライヴァルということになるので、まず定位置確保もかなり苦労しそう…それに、たとえ起用されてもポジチェンが無いと魅力半減してしまうのがツライところかな。

    コオニさん2012/06/27 20:43に投稿

    5
    そう思う!
  • タレントの多いマンチェスターでは、ドルトムントのようなプレーより日本代表の時のようなプレーが増えると思うので、アシストがより増えると思う。

    みみさん2012/06/28 08:22に投稿

    5
    そう思う!
  • どういうシステムでどのポジションと役割を与えられるかで大きく変わってくるものなので、今の段階でこの質問はちょっと無理があるとも思えるが強いて答えるならゴールと考える。
    それは4-2-3-1でのトップ下(2列目の中央)のポジションで、1トップのルーニーの後ろでの起用が有力と思われるからだ。ルーニーにパスを出すことももちろん要求はされるだろうが、それよりも相手ディフェンスがルーニーに集中するのを避けるためにも香川にはシャドーストライカーとしての役割がより要求されると思う。香川がある程度ゴールを決めて相手ディフェンスの脅威となれば必然的にルーニーへのマークも甘くなり、結果的にルーニーの強大な得点力が生かされる事に繋がる。
    つまりドルトムントでの香川とレヴァンドフスキとの関係を、マンUでルーニーと築くことをファーガソンは望んでいるのではないだろうか?
    今後の香川の活躍の道もそこにあると思う。

    sasukeさん2012/06/28 14:03に投稿

    5
    そう思う!
  • 強いて言うならゴールを求めたい。
    まずは周りに「こいつは出来る!」と思わせるためにも。
    しかし、彼のタイプは生粋のスコアラーでもパッサーでもない、極めて現代型の「モダンなトップ下」でゴールも取れて、アシストも出来る、そういうハイブリッドなプレイヤー。

    なので、シーズンが終わってみたらゴールもアシストも2ケタという活躍が出来ていたらそれはチームに非常に上手くフィット出来たということになるのだと思う。

    Schunさん2012/06/27 19:58に投稿

    4
    そう思う!
  • ファーガソンはシステムありきの監督ではないと思うが、それでもベースとなるシステムは、おそらく4-4-2。香川本人はトップ下を希望したが、おそらく主戦場は二列目の左サイドになるのではないかと思う。
    本人の志向、密集地帯でのテクニック、アジリティなどの特徴からすると、サイドからのプレー選択は「中央へ切れ込んでのプレー」>「縦へ抜けてのクロス」となる可能性が高い。
    で、あるなら本来はゴールを期待したいところだが、闇雲にゴールを目指すよりも、周囲との関係を構築するのが遠回りのようでゴールへの近道になるはず。まずは周囲を活かし、自分も活かしてもらうプレーを意識的に選択するのではないかと・・・
    心配なのはプレミアのサポーター(特にマンU)は守備にも全力プレーを要求すること。サポーターに信頼されるために守備に意識がいきすぎると、持ち味が・・・ってところでしょうか

    i formationさん2012/06/28 05:08に投稿

    4
    そう思う!
  • チームは『ゴールorアシスト』ではなく、『ゴール&アシスト』を求めて香川を獲得したはず。
    香川本人も、貪欲に結果を求めてプレイするはず。
    だが、気になるのは、ドルトムントとマンチェスター・Uでの『香川のプレイヤーとしての扱われ方』には、
    間違いなく差があるだろうと言うこと。
    チームのフロントや監督は当然ながら、チームメイトやサポーターもドイツでの活躍を少なからず知ってはいる事だろう。
    だが、ドルトムントでは『エースであり、スター選手』だった香川も、マンチェスター・Uでは、
    『飽くまでも新入りのアジア人選手』。
    香川もそれを理解し、まずは「フォア ザ チーム」を貫くべきだと思う。
    その中で実力を発揮し、『ゴール&アシスト』両方でチームの勝利に貢献して欲しい。
    敢えて『アシスト』で投稿したのは、チームの諸先輩方に良いアシストを出せば、チームへの馴染みも早いのでは?と思ったからだ(笑)

    soulpower9さん2012/07/06 14:53に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ