自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

お江戸の中心部をグルッと巡る。
外堀通りは不思議な名所密集地帯! 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2012/06/27 06:00

お江戸の中心部をグルッと巡る。外堀通りは不思議な名所密集地帯!<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

市ヶ谷駅の遠景。外堀沿いにはJR総武線など重要な鉄道も走る。ちなみに、この市ヶ谷駅から飯田橋駅の間の外堀直下には、地下鉄の広大な車庫が広がっている。

 都心を巡っていると、どこにいっても「外堀通り」が出てくるのを不思議に思ったことはないだろうか。

 赤坂でも外堀、お茶の水でも外堀、日本橋でも外堀。いったいどうなってるのだ? とね。特に東京に初めてやってきたばかりの頃。少なくとも私はそう思った。

 それもそのはず、外堀通りは皇居から数えて二つ目の環状線で、都心をぐるりと回っているからだ。

 外堀通りに対する“内堀”通りの構造は簡単で、現在も皇居のまわりを取り巻く、いわゆる「お堀」。あれに沿った一周5kmの道路が内堀通りである。昨今の爆発的マラソンブームで、もうここはランナーだらけ。

 その外側、外堀沿いにあるのが外堀通りなんだが、正確には「東京都道405号外濠環状線」という。一周12.4km。

 外堀自体は、現在、埋め立てられたり、神田川の一部になっていたりと、円にはなっていない。通りも一部途切れる部分もあって、内堀通りよりは分かりにくいけど、基本的には、都心の有名街を数珠つなぎに繋いだ環状大通りだ。

 港区、千代田区、中央区、文京区、新宿区を通る。この外堀の中にかつて“江戸都心”は建設された。数々の武家屋敷が存在し、奉行所、つまり、お役所があった。つまりこの中こそが本来のザ・都心なのだ。

 ということで、今回は、この外堀通りを基本に、江戸の中心地をめぐってみよう。

 出発点は赤坂、いや、赤坂見附だ。

赤坂見附で見上げる、バブルの歴史的建造物“赤プリ”。

 赤坂見附は、地下鉄の駅としてスペシャルな駅で、あらゆる路線が通る“乗換駅”となっている。

 そもそもこの“見附”という言葉自体がそうで、意味を問われるなら「交通の要所や複数エリアの境界に置かれた見張り所」というようなことだ。つまり「見附」には周囲からさまざまな往来や“気”が集まるゆえに、そこに検問所や見張りが置かれたってわけ。そこには「滅多なものはご公儀のそばに寄らせはしまいぞ」という意志がある。

 この外堀通りには「見附系」の地名が多い。この赤坂見附に限らず、四谷見附、市ヶ谷見附、新見附と、いろいろなところに地名として残っている。

バブル期は、このホテルでクリスマスイブの夜を過ごすのがステイタスとされていたのだが……。

 赤坂見附の交差点から見上げると、おお、有名な赤坂プリンスホテルだ。まだ建ってる。ピカピカと陽の光を反射してるよ。いまだに美しいと思う。

 これを取り壊し始めるのが、今年の7月からだったか。ああ、もったいない。もったいない。けれど、やはり壊してしまうのだという。日本初の「老朽化した超高層ビルの取り壊し」の例になるということで、担当した大手ゼネコンは張り切っているらしい。

 ふーむ、外見だけなら、あまり「老朽化した」とは見えないんだけどね。私の頭の中では、しきりにもったいない、もったいない、ばかりが点滅する。

 バブルを象徴する建物、つまり「歴史的建造物」ですらある、とも思うし。ちなみに設計はあの丹下健三だ。

 ふーむ、ま、「もったいないと思うんだったらお前が買え」とか言われたらどうしようもないんで、そのもったいない赤プリを右手に見ながら、ひたすら紀伊国坂を登っていこう。

【次ページ】 豪華すぎて日本人は委縮!? 四谷の“ベルサイユ宮殿”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ

ページトップ