2勝1分け発進のザックジャパンに注文したいことはある?

集計グラフを閉じる

 ブラジルW杯アジア最終予選。サッカー日本代表は、6月の3連戦で好スタートを切りました。

  ホームの2試合は大量得点で勝利、最大の難関と言えるアウェーの豪州戦をドローとしたその戦いぶりには、高い評価が多く見受けられました。
  しかし、最終予選はまだ始まったばかり。この先、思わぬ試練がザックジャパンを待ちうけているかもしれません。

  そこで伺います。ブラジルW杯に向けて戦うザックジャパンに向けて、何か注文したいことはありますか? あるとすればどんなことでしょうか?

●ある  ●ない

1-10件を表示 / 全44

すべて| ある| ない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 取りあえず 闘莉王 使って見てほしい。

    Ten4さん2012/07/03 19:44に投稿

    12
    そう思う!
  • 日本は海外選手に比べると体格で劣る為、
    スペインのように人数を掛けて崩す点に活路を見出しました。
    それは決して間違いではないと思います。
    そして、その中心になっているのが本田。
    では、その本田へボールを納めているのは誰か?
    それがボランチより後方の選手だと個人的には思っています。

    サイドバックは近年若い選手が続々と台頭して来ましたが
    ボランチとセンターバックはあまり候補が多くないですよね。
    攻撃の始まりとなるポジションの人材不足はやはり懸念材料。
    ロンドン世代の選手も前線は有名選手が多いですが、
    後ろが心許ないところです。
    やや高齢化が進むそのポジションでの新たな選手の開拓を
    お願いしたいところですね。
    これはザッケローニというよりはクラブや日本全般に言える
    課題なのかもしれませんが・・

    といさん2012/06/22 16:57に投稿

    8
    そう思う!
  • 前線のタレントは比較的コマが揃っているので注文はあまりないのですが・・・(ただし、本田不在時のタメやボールの収まりには問題あり)
    ボランチのバックアップ(特に遠藤)がいないのが気になります。

    今の代表チームは遠藤の調子次第で別のチームになってしまう可能性があり、代わりになる選手が今のところ見当たりません。

    アジア予選は何とかなるかもしれませんが、本大会では新たな戦力の台頭がないと厳しいのではないかと思います。

    yujiさん2012/06/22 18:48に投稿

    7
    そう思う!
  • 「もっと新しい選手を起用しろ!」
    3連戦で勝ち点7といい結果を残してくれたなか、ザックに注文したいのはこの1点。
    前半で4-0とリードしたヨルダン戦の、積極性のない采配にはガッカリしました。
    Euroではドイツのレーブ監督が準々決勝にも関わらず、新戦力を抜擢する胆力を見せている。
    スタメンを熟成させることも大切だろうが、それではW杯本大会を勝ち抜けない。
    ザックは大好きだけど、選手起用については保守的だと僕は思う。

    周ちゃんさん2012/06/23 09:36に投稿

    7
    そう思う!
  • オーストラリア戦で今野選手と栗原選手が次戦出場停止となり、怪我明けの吉田選手も万全であるかどうかわからない状況です。8月の親善試合を活かし、今まで手をつけてこなかった新しいセンターバックなど選手層を厚くする国内組の選手発掘をお願いしたい。

    日程の関係上、8月の試合に五輪出場選手を呼ぶのは難しく、9月のイラク戦でいきなり抜擢するのはかなり難しいと思われるため、国内組の選手をうまく起用することが不可欠です。来年のコンフェデ杯にむけた親善試合は10月の欧州遠征を含めても数試合しかないため、思い切った起用を期待しています。

    モータムさん2012/06/22 17:57に投稿

    6
    そう思う!
  • オフェンス陣はいいが、サイドバックを除くディフェンス陣にやや不安があるかな…と。
    いまだに遠藤の代わりはいないし、9月からのことを考えるとセンターバックのコマ不足も心配の種かと。
    常日頃から思うのだけれど、ザックは後のことも考えて若手を起用する傾向があるが、そろそろヴェテランを試すのも解禁してみてはどうかと? 中澤とは言わないが、せめて闘莉王を!

    赤鯱と梟さん2012/06/22 20:06に投稿

    6
    そう思う!
  • Wカップの予選の滑り出しとしてはすこぶる順調なのは間違いない。
    現時点での各国の勝点と過去の予選の結果から推定すれば、予選突破のボーダーラインは勝点14~15ぐらいで充分だと想定できる。最初の3試合でその半分の勝点を獲得出来たのだから文句の付けようがない。
    しかし今の日本がWカップ出場だけを目標としている訳ではなく本番でベスト8以上を本気で目指しているのであれば、ただ単に通過するのではなく1位通過、それも不敗での通過を是非してほしいと思う。
    アウェイの試合は遠距離移動や不慣れな環境など厳しいことは充分理解しているが、本大会で対戦する相手はアジア予選での相手とは1ランクも2ランクも上のレベルの国ばかり。
    例え悪いピッチであろうとコンディションが悪かろうとそれでも勝利する。少なくとも負けないで最低でも引分けに持ち込む。
    そういう勝負強さ、試合運びの巧さがないと本番での好成績など到底望めない。

    sasukeさん2012/06/24 11:55に投稿

    6
    そう思う!
  • 左サイドからのオフェンスとして本田・香川・長友は良く機能しているが、右SB 内田が絡む右からのオフェンスが効果的ではない。 右SBのstarterの人選を考慮し直すべき。

    Alexさん2012/06/22 20:34に投稿

    5
    そう思う!
  • あの豪州戦、実力差の少ない(敢えて相手が優るとは言わない)且つアウェイだったことが、問題を見えにくくしていると思いますが、センターバックが十分だったとはとても思えません。
    カウンターと空中戦で勝負してくることは容易に想像出来るのに、多くの決定機を作られてしまった。それがフォーメーションや上背差に原因があるなら、2年前のW杯は克服したので言い訳になりません。
    吉田一人の怪我から端を発し、豪州に攻めこまれた上、次戦で更に1人失うとあっては、層の薄さが如実に現れています。疑惑の判定も、あのようなシーンを作り出されないようDF陣が機能しなければ。

    この問題、五輪代表も同じです。五輪はA代表の候補だとザック自身が言うように、補強を期待することが出来ない現実を、如何に早期解決出来るか。安易に誰々を呼べとは言いませんが、状況に臨機応変に対処出来るピースを揃えなければ本戦はおろか予選も安心出来ません。

    とらかぶとさん2012/06/26 11:17に投稿

    5
    そう思う!
  • センターバックが駒不足だと思う。このポジションに関してはベテランの起用もありだと思う。
    親善試合は戦術及び新規選手のテスト、大会は博打をしないっていうザックの采配に文句は無いけど、CBのテストが少なく控えの選手が正直いまいちな人選に思える。タレントの揃った前線にはユーティリティさを求めても良いが、CBはサイドもこなせる人材よりもガッツリ本職CBって人材を代表に呼んでほしい。

    Kidさん2012/06/26 15:57に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ