スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

驚異の高卒新人、ハーパーとトラウト。
規格外の才能を伸ばすMLBの育成術。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/13 10:30

驚異の高卒新人、ハーパーとトラウト。規格外の才能を伸ばすMLBの育成術。<Number Web> photograph by Getty Images

4月28日のドジャース戦でメジャーデビューを果たしているブライス・ハーパー。打撃好調もさることながら、毎試合“魅せる”プレーの連続で、全米にブームを巻き起こしつつある。

 とてつもないルーキーが出てきたぞ──。

 メジャーリーグの新人はスケールが違う。

 毎年、毎年そのことを実感するのだが、今年ばかりはスケールが桁外れ。このまま成長していけば、いろいろな記録を打ち立てそうな選手がふたりいる。

 ひとりはナショナルズのブライス・ハーパー。メジャー通の方ならご存知だろうが、高校時代に『スポーツ・イラストレイテッド』誌の表紙を飾ったことでも有名で、

「ジャッキー・ロビンソン以来の話題のルーキーだ」

「マイナーで彼の成績と比較可能なのは、アレックス・ロドリゲスだけ」

 といった話題には事欠かない。

 ハーパーは1992年10月生まれの19歳。日本でいうと、高校を出て2年目のプロ選手に該当する。6月5日時点での成績は、

 打率      .288
  出塁率   .375
  長打率   .528

 従って、出塁率と長打率を足したOPSは.903となる。これがどれほどの数字かというと、たとえばマリナーズのレギュラー陣でOPSが.800に達している選手は誰ひとりとしていない(6月5日時点)。

 ハーパーにはちょっと目立ちたがり屋のところもあって、デビュー早々、フィリーズのハメルズからビーンボールを投げられたりしたが、今後も話題を提供してくれることは間違いない。

驚異的な打棒でチームの借金を完済した孝行ルーキー。

 もうひとりのスーパールーキーは、エンジェルスのマイク・トラウト。1991年8月7日生まれのまだ20歳で、ハーパーの1年上にあたる。

 トラウトはマイナースタートだったが、エンジェルスが貧打にあえぎ6勝14敗と大きく負け越しているところでお呼びがかかった。

 昇格したトラウトは1番を任され、彼がプレーするようになってからエンジェルスは23勝14敗、借金を帳消しにして優勝戦線に戻って来たのだ。

【次ページ】 ハーパーを上回るOPSを誇るトラウト。

1 2 3 NEXT
ブライス・ハーパー
ワシントン・ナショナルズ
マイク・トラウト
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ