NumberEYESBACK NUMBER

決勝敗退でも五輪出場。
最重量級が抱える焦燥。
~“日本柔道の看板”の危機~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/06/04 06:00

優勝を期待された上川(左)だったが、大会初出場の七戸に一本負け。

優勝を期待された上川(左)だったが、大会初出場の七戸に一本負け。

 それは寂しい光景だった。

 5月12・13日、柔道のロンドン五輪代表最終選考として行なわれた全日本選抜体重別選手権(以下、選抜体重別)。最終日、男子100㎏超級の決勝が終わると、観客席からは落胆のため息が聞こえてきた。

 今大会、「どちらが出ても金メダル」と言われる代表候補2名のいる女子48kg級とは別の意味で関心を呼んだのは、100kg超級の代表争いの行方だった。このところの国際大会で誰が出場しても結果を残せず、見通しが立っていなかったからだ。

 混迷に輪をかけたのが、4月29日の全日本選手権だった。100kg超級の代表選考においては選抜体重別以上に重みのある大会である。ところが五輪出場資格の得られる世界ランキング22位以内にいる上川大樹、鈴木桂治、高橋和彦がそろって敗退。優勝は40年ぶりに重量級以外の選手というありさまに終わる。

「消去法で代表を選ぶというのはだめでしょう」

「3人のうちの誰かが優勝してくれると思っていました。がっくりですね。(選考は)困っています」

 日本代表男子の篠原信一監督もため息をついたように、頭を抱えるしかない事態に陥った。それでも「眼の色をかえてやってほしい」と奮起を促し、迎えたのが選抜体重別だったが……。

 全日本選手権で右肩を脱臼し、辛うじて大会に間に合わせた鈴木が初戦で判定負けを喫したのはやむを得ない。だが、高橋もつられるように初戦で敗退。残る上川は、初戦は優勢勝ち、準決勝では相手が場外と勘違いして力を緩めた隙を突いて一本勝ちする。ところが七戸龍との対戦となった決勝は、大内刈で有効、大外刈で一本を奪われて何もできないまま完敗。選考会でありながら、代表候補同士の対戦もなく終わった。優勝した七戸は世界ランク75位で五輪出場資格がない。結局、大会後の選考会議で選ばれたのは2勝多くあげた上川だったが、関係者の言葉は厳しかった。全日本柔道連盟の上村春樹会長はこうコメントした。

「消去法で代表を選ぶというのはだめでしょう」

 篠原監督も言い捨てた。

「ふがいないです。とことん追い込んで強化していきたいです」

 決意を示すが、見通しは暗い。

<次ページへ続く>

【次ページ】 世界ランク10位以内に日本の選手がいない唯一の階級。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ