オリンピックへの道BACK NUMBER

重量挙げ五輪代表に2人の女子大生。
エース三宅を刺激する八木と水落。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byHiroomi Tomura/AFLO

posted2012/05/25 10:30

重量挙げ五輪代表に2人の女子大生。エース三宅を刺激する八木と水落。<Number Web> photograph by Hiroomi Tomura/AFLO

4月に行われた全日本選手権53kg級で優勝した八木かなえ。ロンドンでの目標は、自身のトータルのジュニア日本記録(195kg)を更新する200kgと話している。

 ウェイトリフティングのロンドン五輪代表が決まった。

 日本が獲得していた出場枠は、男子が1、女子は4。

 昨年の世界選手権の成績ですでに内定していた女子48kg級の三宅宏実、75kg超級の嶋本麻美に加え、新たに発表になったのは、女子48kg級の水落穂南、53kg級の八木かなえ、そして男子の105kg超級の太田和臣。各階級ごとにオリンピックに出場する海外の選手を想定してランキングを作成。そのデータと照らし合わせて、メダルあるいは入賞の可能性の高い選手を選考した。

 注目は、4名が出場する女子だ。

 エース格の三宅は2004年のアテネ、2008年の北京五輪では48kg級で出場したが、北京後は主に53kg級で大会に出場してきた。階級をひとつ上げることで、減量を意識せずに筋肉をつけていくことを優先するためだ。

 結果、53kg級でも毎年自己記録を更新し、昨年の全日本選手権ではスナッチ90.0Kg、クリーン&ジャーク117.0Kg、トータル207.0Kgにまで伸ばし、日本記録を更新した。

エース三宅の闘志に火をつけた、新進気鋭の八木と水落。

 ただ、53kg級は海外の選手層が厚く、現状の記録ではメダルにはおよばない。といって減量時に故障が起きやすかった三宅にとって、48kg級に戻す場合はそのリスクを伴う。どちらに出場するのか注目されたが、48kg級で臨むことを決めた。

 三宅はアテネでは9位、北京では6位と着実に順位をあげてきた。残る目標はメダルのみ。そして、53kg級での記録をそのまま48kg級でも出せれば表彰台圏内である。とすれば、リスクを承知の上で48kg級を選んだのは必然かもしれない。

 その三宅が昨年、日本記録を更新したとき、こう口にしていた。

「久々に燃えて、もう少しの間は負けないぞ、という感じです」

 三宅に闘志を燃やさせたのが、今回代表入りを果たした大学2年生の八木と水落である。ともに逸材と言われ期待を集めてきた若手だ。

 2人は、ウェイトリフティングを始めたのは高校入学後と経験は浅い。だが、瞬く間に頭角を現した。

【次ページ】 体操出身者ならではのバランス感覚を競技に生かす。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
三宅宏実
水落穂南
八木かなえ
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ