Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ファビオ・カペッロ 「常勝の秘訣を教えよう」 ~イングランドW杯制覇の野望~ 

text by

クリスティアーノ・ルイウ

クリスティアーノ・ルイウCristiano Ruiu

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/05/09 08:00

ファビオ・カペッロ 「常勝の秘訣を教えよう」 ~イングランドW杯制覇の野望~<Number Web> photograph by Getty Images
必ず優勝をもたらしてきた。招聘された全てのクラブに――。
「優勝請負人」。彼ほどその名が相応しい者はいない。
20年もの間、なぜ勝者であり続けることができるのか。
監督として初めてW杯に挑む名将にその所以を訊いた。

――1984年、ミランのユース(プリマヴェーラ)に始まった監督としてのキャリアは、'80年代後半に4シーズンのブランクを挟むものの、今年で22年目。この間、セリエA優勝5回、スペイン国内リーグ制覇2回、チャンピオンズリーグ優勝1回、イタリア・スーパーカップ4回、UEFAスーパーカップ1回……など、獲得したタイトルの数は突出しています。「優勝請負人」とまで言われているミスターですが、あらゆるクラブを優勝に導く秘訣とは一体何でしょうか。

「その前に、君が挙げてくれたタイトル歴の中でひとつだけ加えておくべきものがある。そうだろう?(笑)'04年~'06年シーズン、ユベントスで獲得したスクデットだ。残念ながら例のカルチョ・カオス(モッジ事件)によって剥奪されてしまったんだが……。しかし私の、そして当時のユベントスの選手たちの誇りまでが奪われたわけではない。あのタイトルを獲ったのは我々であるという思いが、今でも私の中には強烈な自負として刻まれている。まぁ、蒸し返す気はないんだが、今日の君との話の中では、獲得したスクデットは『5』ではなく、『7』ということにしておこう(笑)」

――ではそういうことで(笑)。まずお聞きしたいのは、クラブ監督としてのカペッロは、なぜ勝ち続けられるのか、ということです。

「何と言っても私が所属したクラブの首脳たち、そして優秀な選手たちに恵まれた結果であるといわなければならない。どんなに優れた監督であろうとも、実際にピッチに立つのは選手たちに他ならない。またクラブの首脳が選手たちを獲得する手腕と資金力を持たずしてチームが成り立たない以上、まず第一に彼らが称えられるべきだ」

「監督には選手たちに勝利を与える義務がある」

――とは言え必ずしもスター集団が勝つとは限りません。しかし、ミスターには率いるチームをことごとく勝たせてきた、という実績があります。

「クラブ首脳と選手。この両者を繋ぐ役割が監督に課せられる最大の仕事だとすれば、もしかすると私は、多少なりとも他者より上手くやってこれたのかも知れない。もちろん、確固たる信念のもとで、それを果たしてきたのだが……。

 1クラブを率いる監督とは、あくまでもそのクラブ・オーナーに雇われたひとりの部下に過ぎず、そのオーナーが求める結果を出さなければならない。言うまでもなく、すべてのオーナーが私に求めた結果とはたったひとつ、『タイトルの獲得』だった。責務を果たすために最も有効な手段を模索し、確立し、それを貫くことでひとつ一つ結果を残す。もちろん、時には敗戦を喫しながら、あるいはメディアやファンから猛烈なバッシングも受けながら。しかし私は動じることなく、むしろ一切を意に介さず、ひたすら与えられた職責を果たすべく努めてきた。

'04-'06 Juventus
就任初年度から2年連続でリーグ優勝という快挙を達成

 私が自らのやり方を確立するまでに、強い影響を受けた名将がいる。ネレオ・ロッコ('60~'70年代にミランなどを率いた監督)だ。そのプロフェッショナルとしての揺るぎない姿勢に感銘を受け、以来、模範とすることで自らのやり方を確立してきた。言うまでもなくプロフェッショナルとは、報酬を得る権利を有する者を指す。そしてその権利とは、このサッカーの世界では、勝ってこそ初めて手にすることができるのだ。

 美しいサッカー、魅せるサッカーを標榜し目指そうとも、結果が伴わなければ意味はない。そして選手たちのキャリアもまた、勝つことで個々のステイタスを高めていく。したがって、監督には選手たちに勝利を与える義務がある。だからこそ私は、勝利のために、与えられた選手ひとり一人の力量を正しく見極めることからチーム作りを始めてきた。その見極めに誤りがあれば、集められた11人からなる組織は『いびつ』なものになってしまう。チームとはあくまで異なる個性の集合体であり、決して特定の選手のためにあるものではない、ということだ」

【次ページ】 「新たに獲得すべき選手の名は自ずと導き出される」

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
ファビオ・カペッロ
南アフリカW杯

ページトップ