ユーロ2012、優勝国を予想する!

集計グラフを閉じる

◇Number805号(6/7発売)掲載予定  6月8日に、4年に1度、欧州最強国を決めるユーロ2012が開幕します。  ・・・続きを表示

●スペイン     ●ドイツ           ●オランダ
●ポルトガル  ●イングランド  ●イタリア
●フランス      ●ギリシャ        ●その他

※選択肢は、過去の実績やFIFAランキングなどを踏まえ、Number編集部が独自に選びました。

1-10件を表示 / 全47

すべて| スペイン| ドイツ| オランダ| ポルトガル| イングランド| イタリア| フランス| ギリシャ| その他 |
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 優勝はドイツと予想。

    以下は7強の展望。

    ドイツ
    陣容はブンデスリーガ王者ドルトムントとCLファイナリストのバイエルンの連合軍+α。
    前線からGKまで戦力が整いベンチも充実。
    チームの完成度も文句なし。

    スペイン
    得点源ビジャ、最終ラインでもプジョルといったチームの要であるバルサ勢がコンディション不良。
    デル・ボスケ監督の腕の見せ所か。

    イングランド
    ランパード、テリー、ジェラードらベテランが奮起しないと、ウェルベックやルーニーら中堅や若手の勢いではトーナメントを勝ち抜け無いのではないと思います。

    オランダ
    南アフリカでのスナイデルのように爆発的なパフォーマンスを発揮する選手が出ないと上位進出は厳しいでしょう。

    イタリア&フランス
    ブラジルに向けての世代交代真っ只中。
    GL突破がノルマで4強入りしたら大成功でしょう。

    ポルトガル
    死のグループでドイツとオランダの前に屈する。

    わ、渉です!!さん2012/05/18 10:25に投稿

    13
    そう思う!
  • スペインを推したいところだが、例え国王杯終了後にバルサ他から大量選出されるはずとはいえ、不安がつきまとう。
    最も厳しいリーグの一つであるリーガを終えるまでに、満身創痍となった彼らが高いパフォーマンスを発揮できるかどうか・・・

    オランダはファン・ペルシーの爆発に期待したいが、毎度のことながらスナイデル、ロッペンの体調如何。
    DF陣の層の薄さが解消されておらず、守備的になれないリスクがあるのでは。

    ここで期待はドイツ。
    リーグ全体が強化され、支持基盤が厚い。何より南ア以来、世代交代を順調に推進し続けているため、若手主体とはいえ所属先で不遇を託つ者は少ない。 全体を見渡してもGKにノイアー、DFはボアテング、フンメルス、MFにゲッツェ、エジル、ポドルスキ、FWがゴメスと、25歳前後にこれだけのプレーヤーを抱える陣容は、レーブの指導共々、ブラジル大会まで優勝候補と断言したい。

    strike-2さん2012/05/18 08:57に投稿

    11
    そう思う!
  • 単純に好きなのはポルトガルなのですが、C.ロナウドを支えるアタッカーが手薄なので苦しいかと思います。本命はスペインかと思うのですが、アタッカーがけがとやや不調なので厳しいかと。

    それで、ドイツですが、若手の才能ある選手が出てきて組織的に世代交代ができてきた感もあり、W杯は3位、前回は2位で実績もノウハウもある。ミューラーとかエジルはここでスーパースターの仲間入り(もうスターだけど)とい感じがします。FWがちょっと・・・という気がしますが、勝つことには執念があるのでドイツではないかと思います。

    何にしても、何処が勝つにしても、最高環境で世界最高レベルのサッカーが展開されるので楽しみですね。特別号もいいですが、大会期間中のレポートよろしくお願いします。蛇足ですがポーランドとウクライナは何が美味しいのかも気になります。

    伊藤 克也さん2012/05/17 19:53に投稿

    7
    そう思う!
  • 計算できるフォワードがゴメスとクローゼしかいないのは気になりますが、中盤、特に2列目の充実を考えれば決定力の高いこの2人でも十分ですし、タレント豊富な2列目からポドルスキーを持ってくることもできます。
    懸案のサイドバックもドルトムントの左サイドを支えたシュメルツァーがフィットすれば、最もバランスの良いチームになるのではないでしょうか。

    スペインの中盤の豪華さは相変わらずですが、ビジャのコンディション不安に加えて、キャプテンであるプジョルの不在と貴重な高さを備えたピケの不調は見逃せない不安材料です。
    GKやDFまでもが足元の高い技術を駆使してパス回しに参加するのがスペインのスタイルであり、強さの源泉です。加えて、攻守を問わずこの2人はセットプレーのキーマンなので、どこかで不覚を取ってしまう可能性はあるかと思います。

    rogerさん2012/05/18 00:18に投稿

    7
    そう思う!
  • フランスやイタリアも良くなってきてるっぽいけど
    スペイン、ドイツ、オランダ辺りかなと思う。

    現在のスペインは劣化版バルサみたいな感じなので
    監督がグアルディオラに代われば面白くなるかもしれない。

    この中でも、ドイツはどの大会でも安定して強いのでドイツかなあ。

    ktさん2012/05/20 17:59に投稿

    6
    そう思う!
  • スペインは疲れている。
    ドイツも疲れている。
    オランダはまとまらない。
    ポルトガルはぎりぎりすぎる。
    イングランドは老いた。
    イタリアは守る。
    フランスはまだまだ。
    ギリシャは借金。

    たけまろさん2012/05/18 22:06に投稿

    5
    そう思う!
  • 昔までのオランダは圧倒的な攻撃力と、それに比べてあまり組織力の低い守備だった。

    本当はW杯でも優勝しなければいけないくらいの攻撃力はある。

    でも今は守備も固くなってきている。

    ここまで来たら優勝しかないだろう。

    harukaさん2012/05/20 16:10に投稿

    5
    そう思う!
  • 本命はスペイン代表なんだろうけど、そろそろドイツ代表がリベンジして悲願成就しそうな感じを受ける。
    ディフェンス面で心配は有るが、レーヴを始めとしたドイツ代表の首脳陣はキッチリと対策を立てれるだろう。
    ドイツ代表以外だと、ローランブランの下再び輝きを取り戻しつつあるフランス代表に注目している。

    後、個人的な思いとして、チャンピオンズリーグで敗れ、泣き崩れたシュバインシュタイガーや呆然とするラームを見て、ユーロの舞台で悔しさを晴らして欲しいという思いも込めて。

    masaさん2012/05/20 20:36に投稿

    5
    そう思う!
  • 順当に。。。しかしギリシャも優勝してしまう大会だし、もう何があっても驚きません(笑)

    しかしCLの木崎氏の記事は酷いですね。何かAKBを妄想評価してたのに裏切られたオタクが2ちゃんねるに書いた書き込みにしか見えません。何の具体的根拠が示されていない”論評”記事。
    時代は刻々と動いているし、何よりサッカーは11人、いや控え選手・監督・コーチ・関係者という人間が織り成すものなのです。人間には勝ちたいという欲望も敗戦への恐怖感もがある。Numberがあんな記事を掲載するなんてがっかりです。

    MillerTimeさん2012/05/22 15:28に投稿

    5
    そう思う!
  • 勿論好きって言うのが理由ですが優勝ってなると正直メンバーが小粒ぞろいピルロ頼みの戦術になるだろーけど前大会の時よりかは少し若返ってきてるので期待します。
    親善試合ではスペインにも勝ってるので上手くいけばありえるかも、、

    ねすた13さん2012/05/24 03:03に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ