セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

カルチョ・スキャンダルから6年……。
優勝したユーべが無敗記録継続中! 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/11 10:30

カルチョ・スキャンダルから6年……。優勝したユーべが無敗記録継続中!<Number Web> photograph by AFLO

敵地でカリアリに2-0で勝利したユベントス。2位のACミランがインテルに敗れたため、9季ぶり28回目のスクデットを獲得した。この勢いのまま、コッパ・イタリア決勝ナポリ戦で2冠を目指す。

 ついに、ユベントスが王座に還ってきた。

 9年ぶり28度目の優勝を果たした闘将コンテのチームは、1節を残して“シーズン無敗優勝”の可能性を残している。

 指導者歴わずか8年でスクデット監督となったコンテは、優勝の興奮の中で「途方もなく素晴らしい1年が実を結んだ。もし本当に達成できたら歴史的偉業だ」と語った。

 黒星なしの優勝は、1991-1992年シーズンに名将カペッロ率いるミランが達成した一度きりだが、当時は18チーム制で現在より4節少なかった。

 もし“38戦無敗”が達成されれば……21世紀のカルチョ史に残る偉業となるのは間違いない。

 あの“カルチョ・スキャンダル”から6年の歳月が流れた。

 イタリア・サッカー界を激震させた審判不正操作事件は、ユベントスという名門に今なお深い爪痕を残している。剥奪された2つのタイトルと2部降格の屈辱、そして“八百長クラブ”という汚名だ。

「このスクデットは6年分の嬉しさ」とデル・ピエーロ。

「今、頭に浮かぶのは、(制裁を受けて降格した)セリエBをともに戦った選手たちやその後のシーズンを戦ってきたチームメイトたち全員のことだ。このスクデットは6年分の嬉しさだよ!」

 チームの象徴として求心力を発揮し続けてきた主将デル・ピエーロは、ようやくつかんだ栄光の礎となったチームメイトたちを思い遣った。

 今季最少失点の守備陣を束ねたGKブッフォンもまた、再び頂点に至るまでの道程は長かったと振り返る。

「デル・ピエーロを筆頭に、あのとき2部でプレーする英断を下したカモラネージやトレゼゲ、ネドベド、誰よりまず彼らにこのスクデットを捧げたい。練習で流した汗が報われたよ」

【次ページ】 ミランで戦力外とされたピルロは自らの能力を証明した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ユベントス
アントニオ・コンテ
アレッサンドロ・デル・ピエーロ
アンドレア・ピルロ

ページトップ