リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

グアルディオラ退任でどう変わる?
バルセロナの強さと今後の方向性。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2012/05/02 10:31

グアルディオラ退任でどう変わる?バルセロナの強さと今後の方向性。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

今季限りで4年間の監督生活にピリオドをうつことを表明したジョゼップ・グアルディオラ監督。国内外の13の主要タイトルを獲得した名将は、燃え尽きたかのようなコメントを残して、表舞台から去ろうとしている。

 先日Number本誌で書いた記事のためにライカールトに幾つか質問した際、彼はこんなことを言った。

「あるチームが永遠にトップに君臨することはない。良い時期と悪い時期が波のように順にやってくるからだ。わたしがバルサを監督していたときも、タイトルに値するようなプレイができなくなる時期が訪れた。(中略) だが、それはどんなチームにも起きること。2、3年続けて結果を残すと、その後は必ずといってよいほど成績が落ちる時期がやって来る」

 いわゆるサイクルである。

 グアルディオラのバルサは'08-'09シーズン以来7割を越える勝率を維持し、13ものタイトルを獲得してきたが、4月、初めて本格的な挫折を味わった。

 CL準決勝第1レグのチェルシー戦と今季リーガの天王山レアル・マドリー戦でグアルディオラ時代3度目となる2連敗。

 続くCL準決勝第2レグはカンプノウで引き分け、大会敗退。

 特にバルサを敵視するサッカーファンやメディアの間からは早速「一時代の終焉」を指摘する声が上がった。

確かに昨年や一昨年に比べるとタイトルこそ少ないが……。

 しかし、グアルディオラのバルサは本当に悪い時期に入ってしまったのだろうか。

 成績だけを見ると、まもなく終わる'11-'12シーズンは昨年や一昨年より確かに落ちる。2つのスーパーカップやクラブワールドカップを獲得し、まだ国王杯制覇のチャンスは残っているけれど、なにより3年間守り続けてきたリーガ王座から転落するのだ。CL王座が防衛できていれば埋め合わせは成っていたが、こちらも失敗している。

 だがチームのパフォーマンスに注目するならば、バルサはいまも決して悪くはない。

【次ページ】 今季のゴールまでのプロセスには、より進化した跡も!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
ジョゼップ・グアルディオラ

ページトップ